父の命日

お葬式の記録
DSC_0429

こんにちは~

去年の今頃は、慌てふためいて大阪の実家に向かっていました。

父が亡くなったのです。

自宅のパソコンの前で眠るように。

朝起きてきた母に発見された時は、もう冷たくなっていました。

死因は、大動脈解離でほぼ即死だっただろうというお医者様の見解でした。

昨日は、夜中に激しい頭痛で目が覚めてから眠れず、次の日は仕事だったので仕方なく業務をこなしているという一日でした。

帰ってきてからも鈍痛が続いていたので、9時に布団に入ると決めて、ブログも書かずに寝てしまいました。

実は、旦那さんも歯の調子が悪くて頭痛を引き起こしていました。

これって、お父さんの仕業?

なんて、ふと思いました。

わしのことを思い出してちょ~

その言葉が聞こえたのか?

旦那さんが、

お父さん亡くなったの明日やな~

って呟きました。

お父さん、そんなん忘れるわけないでしょ~

今朝はおかげさまで頭痛も収まり、やる気が徐々に湧いてきてます。

お父さん、安心したのかしら・・・へへへ

健康って言うのは本当に重要だ。

頭が痛いってだけで、一日棒に振ってしまうんだから・・・

思考することが億劫になると、朝の準備もスムースに進まない。

いつも通りに4時50分に起きたのに、掃除機をかける時間が無くなってしまった。

いつもやってることができないって、結構落ち込むね。

昨日はお仕事だったから、お守りにロキソニンを握りしめながらなんとか業務遂行してましたけど、お休みだったら、絶対に布団引いてゴロゴロなんもしなかったと思う。

ヨガにも行ってなかったよね。

もしかしたら、健康のありがたさを認識させるために、お父さんが仕組んだ頭痛だったのかな。

いつも気を付けるようにはしてるんだけど、月曜に調子に乗って赤ワインをいつもの倍量飲んでしまったのよね。

そんなことしてたら痛い目に会うぞ~ってお仕置きされたのかもね。

反省反省。

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。(*^▽^*)

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました