2022年からの資産運用準備

老後不安のないお金のはなし

2021年も残り2か月余りとなりました。早いですね。

そろそろ年賀状のことや、お正月の帰省のことも考えなくてはいけませんね。

何かと物入りでお金の出入りではなく、ひたすら出る出る出るが激しくなります。

収入が先月から極端に減った我が家は、支出が際立つ家計簿となってしまいますが、いるものはいるものとして勘定しなくてはね。

一応想定内の支出ではあるんですが、出ていくお金に無頓着になれない性格なもんでね。

そんな気持ちを落ち着けるには、今あるお金を増やす作戦を考えるのが一番の得策。

そんな方法があるの?それはどうだか・・・

即効性はないにしても仕込んでおけば、いつかは大物がかかる・・ではないか・・・

仕込んでおけば徐々に大きくなる養殖場を準備するみたいな感じかな。

積み立てNISAからNISAへ変更

2018年からSBI証券で続けてきた積み立てNISA。

これを一般NISAに変更することにしました。

なぜなら・・・もう私たちには、そんなに時間が残っていないからよ~

積み立てNISAは、年額40万円までしか投資できない非課税口座。その代わり20年間非課税が続くので楽にお得にって感じで始めました。

しかし、この先も年額40万円のゆっくり投資を続けてると、欲しい時に欲しい分だけ~が賄えなくなってしまうぞってことに気が付きました。

いわゆる4%ルールで取り崩すやつです。

入金は早く!運用は長く!が投資効率を上げる鉄則。ですが、怖がりなため、ドルコスト平均法で安全投資にしてたんですよね。

ドルコスト平均法とは、毎月ないし、毎日少しづつ分散させて同じ金額投資することで、株の値上がり値下がりにかかわらず、取得金額が平均的な金額になっていくという手法です。

これだといつから始めても、高く買いすぎた~とか、怖くて買えなかった~とか言った失敗がないんですね。まさに私みたいな下手くそさんにうってつけの方法です。

ですが、ちまちま投資していっても結果が出る年齢は当に過ぎてました。

もう少しペース上げてこう!!そうしないと、お金が増えた頃にはこの世にいないかもしれないからね。

そんなわけで、年額120万円までが非課税になる一般NISAへと変更して、一年の入金額を3倍に増やすことにしたんです。

NISAを使ってリバランス

来年からは、完全に収入0円が決定している我が家ですから、今持っている現金は貴重です。

その現金を、投資に使ってしまうことは危険極まりない行為。まあ、持ってる金額にもよりますけどね。

私の願望

  • 海外旅行に年二回ほど行きたい
  • 国内旅行にも行きたい
  • 実家に頻繁に帰りたい
  • 子供や孫に使いたい

これだけの願望を叶えるために、年間200万円くらいの予算を見込む。

しかも、100歳まで生活に困らない。

こんな無茶な願望を叶えようと企んでいるのです。

例の100歳までの金表のシュミレーションによれば、

今持っている株式をより安全なものに変えていく方がいいという結果が出ました。まるで占い師・・・未来を占ってしんぜる~

我が家のリスク分散商品に選んだのは、ゴールドです。

ゴールドは、米国株などと同じように購入できます。なので、金の延べ棒を持つより、安全でコストも安く済みます。泥棒の心配がないね。

いちからゴールドを購入するためには、ドルを用意する必要があります。手間はかかりませんが、両替のコストがかかります。

為替の金額も大きくかかわります。今は、円安傾向なので、少し損した気持ちになっちゃいますね。為替は、タイミングを合わせるのが難しいですから、あまりこだわっていたら、ずーっと何もできなくなってしまうかもしれません。

うちにはすでに購入済みの米国ETFがあるので、それを売ってそのお金で、ゴールドを買うのです。だから、もうそのような手数料はいりません。為替も気にする必要なし。

私が米国ETFを購入したのは、コロナで暴落していた時でした。

暴落時に購入した米国ETFは、見事に株価を回復させて、含み益を生んでくれています。

当初の知識の中で、この株は一生持ち続けて、一生配当金をもらうんだと思ってましたが、そこからまたいろいろ知恵をつけて、

このまま株ばっかりを持っているのは、リスクがありすぎるのですね。

若い人ならいいのですが、もうすぐ現役引退組は、守りに入れってことです。

ゴールドには配当も利息もない

ゴールドには、配当も利息も付きません。

なので今まで知らん顔してたんですよね。

だけど、債券も金利が微妙になってきてまして、相棒にするにはとっても不安。

片やゴールドは、どの国にも属さない資産で、歴史的に資産価値がゼロになったこともない結構信用できる奴なのです。

その上、株が下がったときには、ゴールドは上がる、株とは逆の動きをする逆相関。こっちがダメならあっちがあるさって言う感じになってくれそうなので、4%ルールでの取り崩しができない時期がない!ってことになるようなんですね。

この利息も配当も付かないゴールドを一般NISA口座ないし、2024年からの新NISAで購入するのは、ナンセンスかもしれない・・・ですよね。

ですが、この非課税制度がもしかしたら、おしまいとなっている2028年以降も続くのではないかな~と期待してるんですよ。

もしも延長してくれれば、4%ルールで取り崩す際にも税金が引かれずに済みますので大変助かります。あくまでも、右肩上がりであるっていう想定ではありますけどね(;^ω^)

証券会社の変更

コロナ暴落が突然来たので、米国ETFを買ったのは、楽天証券でした。

資金がまとまっていたのが理由です。

しかし、今積み立てNISAしてるのは、SBI証券です。

面倒ですが、証券会社を変更する必要があります。NISA口座はひとりひと口座がルールなので、簡単にこっちからあっちへというわけにはいかないんですよね。

非課税口座を違う証券会社で開く場合は、もともとやってた証券会社から変更に際する書類をもらわなくてはいけません。

まずは、SBI証券に電話でその旨を伝えます。この行動はあまり早いと受け付けてもらえず、10月くらいから可能です。

届いた書類を記入して、再びSBI証券へ返送します。

SBI証券はその書類を受けて、NISA口座を締めるよっていう書類を送ってくれます。

この書類が届く前に新たにNISA口座を開設する楽天証券にSBI証券から楽天証券へ変更することを連絡して口座開設の手続きをお願いします。

SBI証券から書類が届いたら、それを楽天証券に送って完了です。

書類のやり取りが何度もあるので、できるだけ早く取り掛かったほうがいいですね。

SBI証券には本日連絡をして書類請求しました。

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。(*^▽^*)

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました