箱詰め、その前にすること

引越し作業

こんにちは~

毎日毎日引っ越しのことで頭がいっぱいのすみっこです。

引っ越しの正解ってなんだろう。

できるだけ正解の引っ越しがしたいな~なんて思ってたら、なかなか作業が進みません。

箱詰めしたい気持ちを抑える

引っ越しやさんが気を利かせて早くも段ボールを届けて下さいました。

段ボールがあると、早く荷物を詰め込みたい気持ちになります。

ですが、生活は止められません。

引っ越しまで毎日私たちは、家のものを使用して暮らしています。

むやみやたらに目についたものや詰めやすいものから詰め込んで、デキタデキタと喜んだとたん、

あれどこ?

な~んて家族に聞かれ

ドキリ!

確か…この段ボールに詰めたはず…

うる覚えのなか開けても無い。あっちも無い。そっちも無い。

そして、全部開けることになって、部屋中とっちらかるという悲惨な展開。

無計画に箱詰めしちゃうとこんなトラブルに見回れます。

だから、段ボールがあってもまだまだ箱詰めは我慢してます。

持って行くものと行かないもの

新居は、今の半分くらいの大きさです。

だから物理的に全部持ってけば、寝る場所もなくなるってことになります。

  • 引っ越し代を安く抑えるため
  • 箱詰めを楽にするため
  • 荷解きを楽にするため

物を減らせばこんなに負担が減っちゃいます。

ですが、言うのは簡単するのは難しなのです。

捨てるか残すか…その判断が難しい。

  • あっちに行けば役に立つかも
  • あっちに行けば使うかも
  • 無かったらこまるかも

こんな風にかもがお尻に付く時は、取り敢えず手放す。

かもが、ヤッパリ捨てなくてよかったに変化することは、ほとんど無くて、移動に手間がかかった末に処分というのが、ほとんどです。

かも…と心に浮かんだら、取り敢えず処分。

万が一、また必要になればその時新潮すればいい。

収納を処分

収納家具があれば、そこにはたくさんの物が入りますから、物は自然に増えていきます。

この収納が無かったら、中身はどこへ行けばいいのか?

収納があると、こんな疑問も湧くことはありません。

今回の引っ越しをきっかけに、長年使い込んだ家具たちをいっそう処分すると言う大胆な行動に出ました。

正直、細々したものを多少減らしたところで、引っ越し代金はそんなに変わりません。

本気で安くあげたいのであれば、入れ物を減らすことが一番なのです。

やってみると家具の処分は、大変です。

買うときよりも数倍大変なのが身に染みます。

この体験を心に刻んで、購入するときは処分のことまで想像力を膨らませられるようにしておきたいですね。

引っ越しの前日まで使うもの

ここまできたら、早く箱詰めした~い気持ちになりますが、まだですよ。

ここからは、すごーく想像力が必要です。

引っ越しの前日まで使うものは、引っ越し後の次の日に使うものでもあります。

それらをまとめて箱詰めして、赤いテーブで目立つようにしておけば、引っ越しで疲れきった上に、探し物でより一層疲労することを防げそうです。

イメージとしては、旅行に行くときの荷物って感じですかね。

いっそキャリーケースに入れて運べばすごくわかりやすいのではないかしら。

アメニティが完備されていない海外のホテルに泊まる感覚で、パジャマに歯ブラシ、シャンプーに石鹸、タオルに化粧品、ドライヤー、次の日の衣類、これが揃ってれば、その日はお風呂に入れますし、寝れますし、次の日の身支度もできます。

一晩眠れれば、活力も湧いてきて荷解きもはかどること間違いなしです。

さてさて我が家は、いつから箱詰め作業できるのでしょうか…

今日も遊びに来てくださってありがとうございます\(^-^)/

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました