股関節置換術後にスポーツはできるのか

お金で買えない健康のはなし

その答えは、スポーツによりけりっ微妙な回答になってしまいます。

股関節の手術を受けたら、絶対にやらないで!って注意される行為があります。

それは、左右の足を交差させること。

股関節を外に開くのは大丈夫ですが、膝を内側に入れて力がかかると、脱臼の恐れがあると言うのです。

脱臼・・・これはせっかく入れた人工股関節をまた切って入れなおさなくてはならないってことです。

このやり直しは最初の手術よりも難しいみたいで

もしかしたら、股関節が破損している場合もありますから、全部取り換えなくてはならなくなるかもしれません。

こうなると、完璧にスムーズに歩けなくなってしまう可能性もあります。

こんな怖い話を入院中さんざん聞かされます。

だから、リハビリが始まると意識しすぎて、振る舞いがおやじっぽくなってしまいます。(;^ω^)

術後の絶対安静

私の選んだ病院は術後3日間は、絶対安静を強いられます。

だけどこれ、やってみると実に辛いのです。

同じ体制で長時間寝るというのは、こんなに体が痛いものなのか・・・とわかります。

寝たきりになった方は、こんな思いを我慢しているんですね。

術後は麻酔でどこも痛くはないのですが、麻酔が切れてくると、

首の下からお尻まで全部が痛くてどうしようも無くなってきます。

そんな時は、バンバン痛み止めを投与してもらえるのですが、それでも何となく背中の鈍い痛みはなくなりません。

こうなると寝返りをお願いするタイミングなんです。

寝返りは看護師さんにお願いすれば、二人がかりで股関節がずれないようにやってもらえます。

決して自分でしてはいけないと釘を刺されていますから、自分ではしません。

しかし、寝返りを打ってもそんなに楽にはならないんです。

勝手に元に戻れないように、ベットの柵と私の背中の隙間に発砲スチロールの塊をキッチリ詰め込まれてしまうからです。

その体制が、たまらなくしんどくなったら、また看護師さんを呼んで、仰向けに戻してもらうといった繰り返しが3日間何度も繰り返されます。

ここまで徹底している理由は、新しく入れた人工骨には筋膜がまだできていないので、

非常に外れやすい状態だからだそうです。

でも、これも3日目までで、4日目からは、リハビリが開始されます。

まだまだ要注意ですが、寝返りも出来るようになります。

こうして、4日目5日目と、一日一日楽になっていくわけです。

余談ですが、トイレはもちろんいけないので、尿管を入れてもらっています。

でもう〇ちは、ベットでということになります。

私は、これがどうしてもいやで、3日間小食を心掛けて何とか我慢しました。個室の人が羨ましかったですね。

ヨガは出来るのか

リハビリが始まると、あんなに痛かった股関節が全然痛くなくて本当に天国みたいでした。

だから、リハビリもどんどん進みました。

後半になると、作業療法士さんが、日常生活の動作における指導をしてくれます。

お風呂の入り方やキッチンでのしゃがんだり立ったりだとか、自転車の乗り方おり方、

和室での座り方立ち方、布団の引き方まで。

指導してもらえばもらうほど、こんなに頭使いながら動かないといけないのか?って余計に不安になってしまいました。

先生は、困惑する私に、最初だけですよ。次第になれますし、数年たてば脱臼のリスクが減りますからね。と言ってくださいました。

私の気がかりは、ヨガが続けられるかってことでした。

やはり退院後直ぐに始めるのはやめた方がいいとのこと。

私自身も怖いので、休会できる3か月はお休みしようと決めてました。

一か月休んで、仕事に復帰。

座り仕事ですが、2週間ほどは痛みがあって辛かったです。

自転車は、本当は止められていましたが、買い物があるので、帰宅後1週間しないうちに乗り始めました。

何が怖いかというと、転倒が一番怖いので、転倒しないようにサドルは目いっぱい下げて乗りました。

日々、気を付けるのは、左右の足が交差しないことと転倒しない事です。

しゃがむときもぐらつかないように、膝をついて。

そんな動作にも慣れて、3か月が経ち、いよいよヨガ開始。

初心者向きのクラスを選んで、週一から始めました。

3か月ぶりのホットヨガは、とても気持ちよくて、それに股関節が全然痛くなくて・・・幸せだ~

気持ちよさにポーっとしている場合じゃないです。

自分が取ってはいけないポーズをきちんと見極めなくてはいけません。

それを間違ってしまえば、ここに救急車を呼んでもらうはめになります。

この時は自分に集中するヨガの本質に忠実な私になれました。いつも邪念だらけなので(;^ω^)

こうして注意してみると、ヨガにはできないポーズが多いとわかりました。

開くポーズのあとは、閉じるポーズという具合に、バランスを考えた流れになっているので、

この閉じるほうは、やらないようにしてました。

そんな風にきをつけてやっていけば、ヨガは股関節の術後でも出来るスポーツだと思います。

術後2年でほぼできないポーズはなくなった

今は、上級者のクラスにも挑戦しています。

週3~4日と、お仕事のない日は、ヨガ日。

徐々に体幹も鍛えられて、一本足で木のポーズなんかも出来るようになりました。

例の足を交差するポーズも股関節と相談しながら行ってます。

体っていつも一緒じゃないので、出来る日もあれば、これ以上ヤバいなって日もあるんですね。

しっかり自分の体に向き合うようにしてます。

以前やってた、バレーボールや、スキー、スノーボードなんかはもう諦めました。

って言ううか、股関節の問題ではなく体力的にもしんどいから未練はないです。

やはり、転倒の可能性がたくさんあるスポーツは辞めた方が無難なようですね。

スキーが大好きだけど股関節が痛いっていう方がいて、スキーができなくなるから痛みは我慢すると言ってました。

うん、選択は自分で納得できるようにすべきだと思います。

私は、今の生活に満足しているので、手術して本当に良かったと満足しています。

手術した先の未来を見据えてじっくり考えて、家族とも相談して

最後に決断するのはやっぱり自分です。後悔のないように・・・

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました