長男の転職

子育て親育て

三年以上介護の仕事をし、介護福祉士の資格も取得した長男でしたが、

介護の仕事って必要不可欠なはずなのに、なんでこんなに待遇が悪いのでしょうね。

待遇が悪い職場は、人間関係が荒れがちです。

人の入れ替えが絶えません。

一生懸命やろうと思ってる人のところに仕事が集中しがちです。

仕事から上手く逃れてもやめさせられない人ズルい人もいます。

常に不平等感いっぱいの職場。

認知症の利用者さんには、感謝どころか、暴言や暴力が職員になされます。

だからってこちらが反論しても、相手は認知症なのです。

空しさが募りますよね。

慣れてくると、思い入れをしないように仕事をします。

思い入れが深いほど悩むからです。

この仕事が続けられる人は、感情移入せず、割りきって仕事を進めるのが上手な人なのでしょうか。

長男は、そんなコントロールができなくて、常に悩みを抱えておりました。

一生懸命やっても、収入にさえ反映されない毎日。

もう、辞めようと決めたのは7月のことでした。

やっぱり12月まで今の職場で・・・
ここ最近は、長男のテンションに振り回されっぱなしの私たち。6月末頃から、仕事辞めたい病に取りつかれてからは、気が気じゃない毎日を送る羽目に。もう一人ではない長男は、自分勝手に収入の道を断つことはできないですからね。...
見守り隊の正念場
長男は、ついに職場(介護施設)へ退職の意思を伝えることができて、やみそうなメンタルを何とか持たしながら仕事をこなす日々。今の職場は、9月いっぱいまでということで、9月は有給休暇でお休みできそう。もちろん並行して次の職場を探...

結婚して子供もいるのに…大丈夫なんだろうか?

私たちが不安に思うなか、お嫁ちゃんの理解で、8月に辞表を出し有給消化の9月に就活開始。

自分は、高卒でしかも大学中退だから…という負い目が邪魔をします。

負い目と、収入を途絶えさてはいけないという家族への責任が、焦りとなって職場選びの失敗につながらないかも心配しました。以前それで、とんでもない職場を選んで3か月で倒れたことがあるもので・・・

日常を大切にしていればトンネルに光が差す
長男の転職活動が始まってから、1か月になります。転職先が決まらないまま、今の職場には退職届を提出しました。もう後に引けない状況に身を置いて、いったいどんな気持ちなのかははかり知れませんが、親の立場も結構苦しいものです。...

ハンデはあっても、まだ20代!自信を持って思いきって行け!と何度か背中を押しました。

だけど最終決めるのは長男自身。

あとは見守るだけです。

そして、決めてきたのは、ボイラー関係の会社でした。

従業員17名の小さな会社。

面接の次の日には、いいお返事をいただき、追いかけるように社長さんからも電話をいただき、そこに決めました。

社長さんから直々に電話なんて、よっぽど人手不足で困ってんのかな?

そういうところって、直ぐに辞めたくなるような過酷なかんきょうなんじゃないか?

なんてネガティブな想像も沸いてきましたが、もう決めちゃったんだから進むしかない。

もしもダメでも、自分には介護福祉士の資格があるさって思って飛び込んだようです。

そして、10月です。

新しい職場での仕事が始まりました。

お仕事は、介護施設、スポーツジム、ホテル、スーパー銭湯などなど、ボイラーがある場所の点検、修理です。

現地に車で行って作業後直帰というスタイル。

長男は新人なので、現地の最寄駅まで電車で行って、そこからは先輩が車で来て乗せていってくれます。帰りも最寄り駅まで送ってもらって電車で帰るスタイル。毎日違う現場なので、いくらかチャージしたSuicaを渡されてます。

技術スタッフは、5名ほどしかいないのに、仕事はいっぱいあるそうで、追い付かないのだそう。結構なお話ですよね。

技術者をもっと育てたいのに、今の若者にはウケナイお仕事らしくて応募者がなかなか現れなかったそうで、20代の長男は渡りに船って感じだったようです。

よ!平成生まれ!

先輩方は、30代後半以上の方ばかりですが、皆さん前は全然違うお仕事からの転職組だそうで、そんな事実に勇気つけられたようでした。

ずぶの素人なんだから、できなくて当然。一年くらいかけてゆっくり覚えていってねと優しいお言葉かけをしてくださる方ばかりで、メンタル弱めの長男にとってありがたい職場ですね。

資格もドンドン取らせてくれるみたいで、出勤日に講習や試験があっても大丈夫というおおらかさ。

残業代はすべて付いて、休日出勤の代休もきちんともらえる。

本当になんていい会社だ!

エイヤー!っと決めた割には、すごい当たりくじを引けたみたいです。

仕事は、何より人間関係が一番大事ですからね。

しばらくすれば、自分の工具が支給され、見習い期間が終わったと認められれば、車も与えられるそうです。

もちろんパーキング料金も支給されます。

車が与えられれば、得意先まで直行直帰ですね。

車を乗り回して仕事場へ向かう長男を想像してうれしくなりました。

ちなみに採用が決まってからは、レンタカーを借りてたびたび練習しておりました。なんせ完ぺきなペーパードライバーでしたからね。できることはやっておかなきゃね。

失敗もいっぱいするでしょうが、挫けず頑張って欲しいです。

ひとまず、安心。

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。

よろしければポチッとしていただけると喜びます。( ≧∀≦)ノ

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました