行っても買わないで帰る勇気

ミニマリスト持ち物

久しぶりユニクロさんとABCマートさんへ。

目的は、涼しいパンツと歩きやすい通勤靴。

ABCマートさんへ

3年ほど前に、ここで出会ったショートブーツの履き心地が神だった。

しかも、値段は2,000円に超値引きされていて、

私を待っていたんだわ~っていう出会いだった。(もともとは5,000円以上)

サンダルの時期が終わるとこのショートブーツの出番。

ブーツと言っても、ハイカットスニーカー感覚で履けるデザイン。

カジュアルにも、通勤にも対応できる。

だから、秋冬春の3シーズンを履き倒していた。

何しろ、このシーズンに履ける靴は、この靴と、レインシューズと、冠婚葬祭用のパンプスのみだから。

軽くて、低反発で、伸びるから幅広足にも対応してくれる優しい靴。

1年のうち8か月ほど履いて、それを3年以上。

さすがに靴底がすり減って、穴も空いてきた。

モノには寿命があるから仕方がないけれど、これほど履きやすくて、歩きやすくて、合わせやすい靴に出会えることは少ないよね。

今年は、何としてでも交代靴を探さねばならんのです。

ということで、探しに来た次第。

ところが季節は、まだ夏真っ盛り。目につくところにはサンダルばかり。

サンダルは、fitfitのサンダルを愛用中。

これも先代のサンダルがあまりにも履き心地、デザインともに気に入って、同じデザインのものを見つけるまで購入しなかったので、結局4年履き倒したという過去がある。

靴は、これくらい慎重に買う。

それは、過去に難十足もの失敗を重ねてきたからだ。

ときに、デザイン重視しすぎて、サイズがなく、0.5センチ大きいものを妥協して買ったことがある。

歩くたびにカポカポと、かかとが脱げて、手術前の股関節に負担がかかった。

その靴は、数回お出かけに履いたっきり、下駄箱の奥に突っ込まれた。

ときに、きゃしゃなヒールのサンダルに惹かれた。

履いてみると、でかい足も少しきゃしゃに見えるではないか。

ヒールは、大根ふくらはぎでも少しだけしまった感じに見せてくれる。

そんな理由でお買い上げした。

当たり前だが、靴はあくまでも歩くのが一番の目的。

特に股関節が悪い自分はそこんところを一番考えて買うべきなのに。

商品を見ていると、結果、デザインと、値下げ価格に惹かれてお買い上げしちゃってることばかりだった。

そんな目的ブレぶれで購入された靴たちは、結局数回はいただけで下駄箱の肥やしとなってしまっていた。

そんな履かなくてきれいなままの靴たちは、全部リサイクルショップに売られた。

もちろん何十円の世界で、時にはゴミとして回収された。

私の気まぐれや思い付きで、購入されたがために、たいして履かれず、靴としての天命を全うできずに、ただただ申し訳なかった。

そんな過ちは、もう二度と繰り返したくはないので、

ここまで慎重な買い方になったのだ。

おかげで、ほとんどが劣化を迎えるまで履き倒すことができている。

以前は洋服ごとに靴も取り換えるという考え方をしていたけれど、本当に自分に合った靴はそう簡単には見つけられないし、

洋服の断捨離を行ったら、もうこんな量の靴も必要ないんだとわかった。

話が、逸れていってしまった。

まだ時期が早かったようだ。

今日は、買わずに帰ろう。

ユニクロさんへ

お休みの日のユニクロさんはどこも人でいっぱいだ。

コロナでの在宅が広まったせいで、デザイン性より機能性と、人は着やすいものを求めるようになった。

しかもここは、だれもが買いやすい金額設定がされている、

特に土日祝日は、目玉商品が用意されていて、定番商品が安くなってる時があるから、お客さんが多い。

私もその一人だ。

ちょうど欲しかった、クレープジャージストレートパンツのブラックが990円になっていた。

ついでについでにサテンストレートリラックスパンツも790円。

この二つを試着室に持って行く。

サイズはM.。

何となくMが大きめに感じたので、念のためSサイズも持ち込んだ。

Sサイズから履いてみて、やっぱりSサイズね・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

そして、Mサイズ。

やっぱりか・・・

涼しい

軽い

洗濯しやすい

通勤でも使える。

こんないいこと尽くめにも拘わらず、たった一点だけ妥協できないところが発覚した。

それは、下着の存在がわかってしまうこと。

たぶんそうだろうなーとは想像していたし、買うならペチコートもいるよねって思って試着室に行ったんだけど、試着しながら想像してみた。

このパンツは常にペチコートとセットで履かなくてはいけない。

涼しいパンツが、ペチコートを履くことにより還元するのではないか・・・

過去を思い出す。

過去に何度か失敗があった。

胸が開きすぎたシャツがあって、これを着るには、もう一枚中に着るものがいるとなって買ってはみたものの、手に取りやすいのは、一枚ぽっきりで着られるものだった。

そんな過去の苦い経験を何個も持つ私は、試着室の中で決断した。

このパンツは、却下だな。

今愛用しているパンツはももう4年ほどになる。

少し洗濯のせいで毛玉が出てきた。

これは、正直冬物になる生地だけど、そのせいで絶対に中身が映ることはない。

厚い生地だが、デザイン的に風が通るので、今まで夏も愛用してきた。

そろそろ次の世代をと、探しに来たのだが、代われるものはないな。

また今度にするべ。

買わずに帰る勇気

結局何も買わずに、ショップをでた。

買おう!と気合を入れてくると、どうしても何か持って帰らねば気が済まない時もあったけど、

今は一切ない。

買おうと思ってたものだけ見て、それがなければ、ほかのものは見ないこともできるようになった。

何も買わずに帰って、落ち込むことはない。

むしろ、今持っているものへの愛着が増してしまう。

やっぱり、あなたより優るものは、見つけられなかったわ。

もう少しよろしくお願いしますってね。

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。

よろしければポチっと押していただけると喜びます。(*^▽^*)

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました