春の休日ワンデイパスで東京を楽しむ

旅の記録

こんにちは~

春は、お花のオンパレード。

桜の次は、これでしょ。

DSC_0708

東京都文京区にある根津神社は、今つつじの真っ盛りです。

つつじは約1か月楽しめるようで、つつじまつりが、4月2日から5月1日まで開催されています。

コロナがなければ、屋台が並んだりして、まさにお祭り!って感じなんでしょうが

そういったものは全部中止のようですね。

お子様には少しつまらないお祭りかもしれません。

だけどつつじは、コロナであろうが戦争であろうが、関係なくきれいな花を咲かせてくれておりました。

自然はいいです。何があろうが、淡々と自分の使命を果たしています。

自然のたくましさに触れると、自分の生き方を見直すきっかけになりますね。

咲き具合は、まだまだこれからかな5分咲きくらいでしょうか。

それでもお花のピンクと葉っぱのグリーンと、鳥居の朱色のコラボレーションがすてきです。

DSC_0704

つつじに夢中で、お参りされてる参拝者は意外と少なくて助かりました。

先日の三峰神社では極寒の中30分並びましたので、今日は暖かくてホントに良い日和。

DSC_0709

期間限定ワンデーパス

春と言えば都営地下鉄が期間限定で発売しているワンデーパス(夏秋冬も出てますよ)

DSC_0711

令和4年春のワンデーパスは3月26日から5月8日まで発売中です。

都営地下鉄ならば、一日中乗り降り自由で500円ぽっきり。

私たち夫婦は、東京にやってきたころから度々このパスを利用して東京巡りを楽しんでます。

このパスの難点は、都営地下鉄しか乗れないってこと。

200円高いけど700円出せば、都営まるごときっぷが買えて

これならバスも路面電車の舎人ライナーも乗れちゃうんですけれど

なぜかワンコインで買えるワンデーパスが大好き。

都営地下鉄だけしか乗れないとなると、根津神社に行くのも、白山という駅から片道13分歩かなければなりません。

ワンデーパスはかなりのウォーキング力を鍛えられるんです。

目的地を決めたら、都営地下鉄で一番近い駅を見つけて、そこからの行き方をグーグルマップで調べる。

こんな作業も結構楽しい。

行きたいところに苦労して行きつくことがちょっと快感になってます。

行きたいところに最安で行くこともすごーく快感なのです。

交通費いくら得したでしょう

最寄り駅⇒上野御徒町下車、スシローさんでお昼ご飯

上野御徒町⇒白山下車、徒歩で根津神社のつつじまつり

白山⇒大手町下車、ゴールデンウイークに使用する予約済みの新幹線チケットを発券

大手町⇒自宅最寄り駅

なんと万歩計は15000歩を越えていました。

本当は巣鴨にもよって、大好きなかき氷や(雪菓)を覗きたかったのですが

もう足が限界に来てたので省略。

その結果、本来支払うべき運賃は、995円でした。

495円お得でしたね。

そんなに極端なお得感はないんですが、

今日は、つつじまつりに行くことと、大阪の母に送るための新幹線のチケットする目的があったので、むやみに遠くまで乗車することがなかったせいです。

最初の頃は、どれだけ得できるかの挑戦をして楽しんでいたこともありましたよ。

それはそれで楽しかったですけどね。

500円でこんなところまで来れるんだ~と感動します。

お出かけすれば必ず発生する交通費は、できるだけ安い方がいいのです。

特急に乗ったり乗り物を楽しむのも楽しいですけどね。

遠くに行くときは躊躇なく特急を

近場を周るときはワンデーパスを!

ワンデーパスは、ゴールデンウイーク中も使えるので、

東京に遊びに来る母とまたこれで、東京を歩き回ろうと思います。

因みに母は、毎週10キロ以上のウォーキングをしている健脚老婆で、私よりはるか遠くまで歩けますから安心。

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。(*^▽^*)

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました