ダイソーの吸水クロスの使用感1が月使ってみて

お勧めお得なはなし

水回りをキレイに保てる最強アイテム
浪費の根元ダイソー。優秀アイテムの宝庫ダイソー。毒になるか薬になるかは使いようのダイソー。そんなダイソーでいいものを見つけちゃいました。吸収率抜群のふきんDSC_0188この色鮮やか...

1か月半ほど前に、ダイソーで見つけた給水クロスをご紹介しました。

その時書いた内容は、いいことばかりでしたが、1か月半後の使用感をお伝えします。

デメリット

  • カビやすいのか、ずぐに黒ずむ
  • 乾かすと固くなり、硬いままだと吸水しない
  • 十分に水を吸わせないまま絞ると敗れることがある

1か月半使ってみると、このようなデメリットがわかってきました。

こんなにしっかり乾かしてるにもかかわらず、黒ずんできます。

これはカビなのか?

そこのところはよくわからないのですが、気持ちは悪いです。

そこで考えたのが、小さめにカットして、数回使用したら廃棄するという使い方。

10枚にカットして3日で廃棄すれば、1か月持ちます。

ティッシュを使うよりは、コスパはいいし、ごみも少なくなります。

食器洗いのスポンジも、毎週土曜日のゴミの日に、排水溝の部品までを洗って、そのあとはお風呂洗い用に回し、最後はトイレの便器洗いように回して廃棄しています。

この給水クロスも同じような使い方をすれば、いつもどこの水回りもきれいに保てるんではないかと思います。

クロスに給水させる際、水道から直接水を当ててもなかなか吸いません。

結構水がもったいなく感じます。

なので、ボールに水をためて、そこにしばらくつけ置きして、吸水させています。

使いたいときにさっと使えないのは、残念なところですね。

やはり、ミズノさんなどのスポーツメーカーのセイムタオルには、繊維が複雑に絡み合って破れにくい構造に仕上げられていまして、強く絞ってもめったに破れません。

100均のは、圧縮してくっつけただけなんでしょうね、簡単に破れてしまいました。

やっぱりそこは、お値段相当です。

私なりの使い方

1枚を数枚に小さく切って、それを薄めた塩素水に浸したままで使ってみたらどうなるかをやってみたいと思います。

これで、黒ずみが解消されれば、いつも濡れた状態なので、すぐに絞って使えるし、殺菌もされているのでキッチンで使うには最適化と思われます。

この方法が可能なら、ティッシュを使うよりは、経済的でゴミもでないので、次の購入もありですね。

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。

よろしければポチっと押していただけると喜びます。(*^▽^*)

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました