波乱の帰省

少額で楽しむコツ
DSC_0238

朝からヤキモキヤキモキ

(((UωU` *)(* ´UωU)))

飛ぶのか?飛ばないのか?

どっちなのよー

大型台風が東京にもっとも近づく日に、飛行機で里帰り。

ガッツリでもなくほどよくでもなく、遅くもなく早くもない…

気まぐれな台風の動向に昨日からヤキモキしてます。

行けるか行けないかわからない曖昧さで旅の準備もはかどらないもんですね。

旅の準備は、ソコソコに、忘れ物があっても

なんとかなる今日この頃ですから。

置いてく家族の準備はガッツリと

DSC_0324

出発直前の冷蔵庫、作り置きおかずが、ギッシリ。

ヨーグルトもバッチリ。

水曜日から、コツコツと準備しました。

DSC_0326

ご飯もタップリ、150gの塊を20個以上冷凍。

朝食のブルーベリーも2袋ストック。

ほぼ何も買い足さなくてもいい状態です。

娘が、学生さんだった頃は

朝のスムージー作りをお願いしてたのですが、今は社会人で、余裕がない、人のお世話をしてる場合じゃないとのことで、代わりに豆乳を飲んでてねってとにしました。

娘も、彼氏のためなら頑張るんでしょうが、父ちゃんや兄ちゃんのためには、できないんでしょーね。

まぁ、仕方がない。

交通費プラス膨大な食事代

主婦が家を空けるとお金がかかります。

帰省するにしても、交通費と土産代だけでは済みません。

残していく家族の生活費がかかります。

それが、おいくら必要なのかは、残された家族、ひとりひとり次第。

その金額を決めるのも面倒。

できあがったおかずをお店で調達するのは、けっこうなお金がかかる。

家族が多けりゃなおさらです。

この事も少し心の負担。

里帰りは、楽しみではあるのに、少しストレスが付き物でした。

それを、解消してくれたのが、作り置きのおかずです。

これに挑戦したのは、股関節の手術で2週間も家を空けることになったときのことでした。

2週間の食事代をいくらにするのか…

この課題に悩んでいたとき、作り置きでダイエットを成功された、柳澤英子さんのことを知りました。

ダイエットという主題よりも、作り置きというところに、メチャクチャひかれまして、詳しく見ていくと、

調理済みのおかずでも、冷蔵庫保存で結構な日持ちがすること、冷凍もできることが判明。

これは、使えるんではないか?

そう思ったら、もう止まりませんよ。

案ずるより行動!

クックパットなどを活用しつつ、冷凍可能なレシピ、日持ちするレシピをピックアップして、2週間分のメニュー表を完成させました。

いきなり2週間分とは、随分ハードルの高い話にはなりましたが、間には、焼き肉の日や外食の日も入れながらやれば、家族も嫌がること無くクリアできたんです。

これが自信となって、随分と私の家事生活を変化させましたね。

夫婦で旅行へ行くときも、ひとりで大阪に帰省するときも、作り置きで節約成功しています。

そして、日常生活にも作り置きは大活躍です。

主婦の仕事は無限大。

そのなかでも食べることは重要事項で、必ず毎日用意が必要です。

まとめて食材を買い込み、まとめて調理してしまうと、食費も時間も超節約になるのです。

取り敢えず成田へ

今だ、飛ぶのか?飛ばないのか?状態は、続いてます。が、欠航が決まらない限りは、払い戻しできないLCCなので、取り敢えず成田へ向かいます。

駅までの10分で、服がびしょ濡れでしたが、電車に乗ってしまえば、この先は、外に出ること無く実家の最寄駅まで行けますので、ありがたい。

あとは、飛行機が欠航にならないことをいのるだけ。

もしも欠航になっても、飛行機代は返金か振替できるけど、それまでの交通費は自分もち( 。゚Д゚。)

どうかどうか飛びますよーに。

無事にチェックインできました。

台風の影響で結構揺れるかもしれませんが、出発できそうで安堵しました。

揺れるとシートベルトが外せないのでトイレに行けないらしいです。搭乗前にトイレをお済ませくださいとの案内がありました。そんなこと言われると、余計に行きたくなるお年頃でもあります。

搭乗口は、結構な人ですね。

緊急事態宣言解除を予測して予約された人が多かったのかな。

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。

よろしければポチりとしていただけますとシッポを振って喜びまする。

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました