くっつかない玉子焼き器と旦那の育て方

ミニマリスト持ち物
DSC_0212

毎朝お弁当を作る。二人分。

そこにいつも入るのは、きれいな黄色い玉子焼き。

まずまず毎日自信作の玉子焼きは、

慣れた玉子焼き器があってこその結果。

なのに今日は、満足の玉子焼きができなかった。

キッチン侵入者あり

朝、玉子焼きが上手にできない時。

前日に私以外の侵入者が玉子焼き器を使っている。

昨日の侵入者は、旦那さん。

体重を気にして、夜ご飯を調整すると、そのストレスを朝食で補いたくなるみたい。

いつもの朝食は、分厚い食パンの断面に格子模様に包丁で切れ目を入れて、

バターを落とし込んだバタートースト。

なのだが、口寂しい夜には、卵をがっつり載せたり、ウインナーを載せたりしてみたくなるらしい。

そんな超ボリューミーな惣菜トーストを夜のキッチンでこっそり作っている。

たとえこっそり作っていたとしても、それは朝にはバレてしまう。

なぜなら、玉子焼き器が教えてくれるから。

油を馴染ませ溶き卵を流し込み、菜箸で端からめくりあげる。

その瞬間・・・

あ~またかよ~って、テンションが最低になる。

玉子が、玉子焼き器の表面に張り付いて、上がってこない。

仕方なくコテを使うが、それでもきれいには上がってこない。

仕方なくいつもより火力を落として、がりがりくっついた卵をはがしながらひっくり返す。

当然いつもの黄色くてふっくらの玉子焼きにはなってくれない。

何とか形には持っていけても、ところどころ茶色い、ツヤのない玉子焼き。

またやってくれたわね(◎_◎;)

だけど感情的に怒らないようにしている。

旦那さんももうすぐ会社を辞める。

そのあとには、私に代わって料理もして欲しいし、本人もしたいみたい。

その気持ちは、絶対になえさせてはいけないのだ。

うまく操縦できるかどうかは、私次第ということ。

玉子焼き器は実はとっても奥が深いってことから伝えなくては・・・

500円の玉子焼き器

うちの玉子焼き器は確かニトリで買った500円くらいのもの。

同じ場所にあった、ティファールの玉子焼き器と15分くらい迷った覚えがある。

でも、こちらのお安いほうにしたのは、

フライパンも、消耗品だから、きっと玉子焼き器も同じ。

高いものを買っても一生モノにはならないという結論からのこと。

卵焼き器って、新しいほど上手くできなくて、修行が必要になる。

もしかして、ティファールならば、すぐにベテラン級の出来映えになるのかも。

しかし、私は、諦めずにこの500円の卵焼き器を育てることにしたのだ。

それからもう、4年ほどになる。

500円の卵焼き器は、もう大ベテラン。

不意の侵入者がいない限りは、いつも同じ具合でいい感じの卵焼きが焼き上がる。

玉子焼き器をベテランにする方法

卵焼きが上手く焼ける卵焼き器に育てるには、

絶対に卵以外は焼かないこと。

これに尽きる。

卵以外の調理をして、焦げ付いたりすれば、水洗いをしなければいけなくなる。

この、洗うという行為が卵焼き器を劣化させてしまう。

卵焼きや薄焼き卵だけ焼いていれば、こびりつくことがないから、ティッシュで軽く拭き取るだけ。

うちのキッチンに専用といえるお鍋やフライパンは、この卵焼き器だけ。

炊飯鍋であっても、麦茶を沸かす鍋と兼用。

他ももちろん兼用。

ミニマリストはとにかく兼用が好き。

だけど、この卵焼き器だけは、専用。

毎朝必ず使う卵焼き器は、たとえ専用でも持つ価値があるから。

旦那さんに、卵焼き器で卵以外のものを調理した?って尋ねたところ、やはり、ピーマンの細切りを炒めて、そして焦がしてた。

卵焼き器はね、卵焼き以外はしないでね。

朝のお弁当に入れる卵焼きがグチャグチャになるからね。

優しく優しく

旦那さんに説いてみた。

たぶん忘れてまたやると思うけど、忘れたらまた説いて説いて…根気よく。

ベテランの卵焼き器を育てるように、家事のできる旦那を育てよう。

今日も遊びにきていただきありがとうございます。

よろしければポチっと押していただけると喜びます。(*^^*)

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました