上手に子離れできるかな

子育て親育て

2年前の今頃、想定通りの順番で次男が独り暮らしを始めました。

そして、昨年の夏、長男が結婚を機に独立、入れ替わりに次男が舞い戻るという、想定外の

出たり入ったりな年でした。

そしてまた、

今度は末っ子娘が、彼氏と同棲すると言い出したのです。

末っ子っていうのは、いつまでも幼児の頃の面影が被ってしまって、危なっかしく思えてしまいます。

だけど娘はもう成人で、社会人として働きお給料をもらっている大人なのです。

そんな事をいう年になったのね~。

旦那さんの答え

娘が最初に話を持ちかけてきたのは、もちろん私にでした。

いきなり旦那さんに話すのはハードルが高かったんでしょうね。

ワンクッションおいて、私にも加勢してもらおうと思ってたんですかね?

ですが、私は加勢しませんよ。

同棲に反対か賛成かっていう判断ができないからです。

私は同棲をしたことがないですし、同棲したら、結婚に踏み切れるのかなー?なんていう疑問も湧くしね。

だから、お父さんには自分でしっかり説明して意思を伝えなさいとだけ言いました。

私としては、旦那さんがいいというならそれに乗っかりましょうっていう気持ちです。

私の父だったら、こんな話聞いてもくれないでしょうね。一喝して終わりですよ

それに比べて旦那さんは、ちゃんと娘の話を聞いてましたよ。

そして、笑顔で快諾!(*^▽^*)

その代わり条件として、彼氏の両親に会わせることと言うことでした。

えー?うそでしょ?ホントにいいの?( ;´Д`)

心のなかで叫んでしまいましたが、旦那さんがいいのならいいか…って自分を納得させました。

ところが、数日後、またまた同棲の話になって、あちらの両親が土日お休みのお仕事ではないので、日程が合わないからもう会わなくてもいい?と言ってきたんです。

それに対しては、少々不機嫌から・・・とっても不機嫌に・・・

お酒も入ってて、少し旦那さんはエキサイティングぎみになり、これは、助け船が必要だーっと私が入って、その場はお開きとなりました。

娘は、あまりに難なく関所が通れてしまったことで、何でも許してくれると思ってしまったのかもしれないけど、そうはいかないぜ。

ケジメはケジメと、認識できたかな?娘よ。

旦那さんは、きっと戸惑ってて、寂しくて、本音は全力で阻止したいんだど思う。

だけど、それは、誰のため?娘のため?いや違う…これは、自分の希望だ。だから、娘の幸せを願うなら、ここは冷静に未来に後悔がないように、答えをだすべきだ。だけど、少しだけ抵抗させてよ。

っていう父のジレンマかな。

でも、結果的には許してんだけどね。

いい父ちゃんやね。

寂しいよりうれしい

この短期間でドンドン子供たちが家からいなくなるなんて、寂しくないの?って友達に言われました。

寂しいという気持ちは、あんまりなくて、ただただ幸せになってくれればいいという気持ちだけかな。

娘を見てると幸せそうだからそれでいいと思う。

長男だってそう。

突然だったけど、今はとても幸せそうだからそれでいい。

唯一家にいる次男。

一度巣だったのに一年未満で帰ってきた次男に、まだ出ていく雰囲気はないな。

それでいいと思う。

自分のペースで幸せを模索している途中だ。

頭が脂漏性皮膚炎になり、いまだ治る気配もなく、仕事は過酷で…そんな状態で、SOSを発信してきたわけだから、助けるのは当然。よく助けを求めてくれたよありがとうって思う。

残ってんの俺だけか~(;^ω^)

ってボソリと呟く次男。

いいの~いいのよ。

いくらいたっていいのよー

共存共栄。

そのうち離れ時が自然とやって来るはずよ。

やってこなければ、それはそれでいいじゃない。

次男が巣立つときは、さすがに寂しいだろうね。

でも、止めないから安心してよね。

依存しない関係

一緒に住んでるからといって、親子だからといって、どちらかがどちらかに依存するのなら、無理矢理にでも離れた方がいいと思う。

だから、次男からは生活費をしっかりといただいてます。

毎年1万円ずつ多くもらうようなルールにしてます。

長くいればいるほどうちへの入金が増えるシステムね。

これも愛のむち。

いつまでも一緒に暮らすのはいいけれど、このままが楽でいいかって思っていう妥協や甘えはいただけない。

このまま、親元に居続けたら身ぐるみ全部剥がされるかも~という危機感が頭にあれば、幸せ探しを諦めることはないかと思うのです。

そのうち、たくさん入金してくれるようになったら、次男のお金を当てにして、出ていかないで~って泣きついたりしてね。(^o^;)ダメよダメダメ~

付かず離れず、困ったときは直ぐに手を差しのべられる存在でいれるよう、それなりのおかねと健康を維持していきたいところです。

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。

よろしければポチッとしていただけると喜びます。( ^▽^)

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました