壁を越え続ける事が生きてるってことかな

幸せになれる考え方

東京転勤になって、15年。

子供のこと、旦那さんの会社の事など色々あり、その都度立ちはだかる壁を越えてきた。

ここでまた、大きな壁にぶち当たる。

義母VS嫁

私は、大阪在住時代義父母と同じ屋根の下に同居してた。

もちろん仲は良くなかったよ。

むしろ悪い方によりガチかな。

自分はいい姑だと思い込んでる女と、いい嫁と思われたい女は、どうしようもなく噛み合わない。

羊の革を被った女達は、その煩わしい革を脱ぎはじめ、修復不可能なくらいの関係に至る。

心の中は、恨みつらみで爆発しそう。人生でこんな嫌いな人間いるかなってくらいになってしまった。

昔は、こんなことをよく言われた。

同居するなら初めからの方がうまくいく。

デタラメな言い伝え。

経験者は語る

できれば、できるだけ、絶対、同居はしないにこしたことはない。

女は、心に記憶を貯める性質があるらしい。

どうりで、28年前からの嫌な記憶を鮮明に覚えている。

離れて暮らしてからは、ほとんど心の引き出しにしまっとけるようになったけど、たまに夢に出てきたりすると午前中は、モヤモヤ嫌な気分になる。

当時、同仕様もないと旦那さんが判断して、普通の一軒家にキッチンをもう一つ作ることにした。

その資金700万円。

コツコツ8年かけて貯めた貯金を全額惜しみなく吐き出した。

生活が分離して3年後、転勤命令が出た。(ب_ب)

もう少し早ければ全財産吐き出すこともなかったのに

そんな気持ちもあったけど、これは神様からのご褒美。

ありがたくちょうだいいたしましょう。

離れると大人になれる

転勤してからは、年に2度、盆と正月だけ顔を合わす関係に。

一緒に暮らしていたときとは全く違う扱いをされた。

まるでお客様。

食べたあとの洗い物をするだけで、感謝される。

夢見てるみたい。だけど夢は、長く続かない。3日くらいが限界かなって空気で悟る。

一緒に住まなきゃよかったなって改めて思う。

もう二度とあの悪夢には、戻りたくないとおもってしまうからね。

83歳義母骨折

こうして、15年も幸せに東京で暮らせてきたのは、両親が4人とも元気でいてくれてるからだと感謝してる。

ところが、9月に入って悪報が飛び込んできた。

なんと、義母が腰を骨折。

オマケに入院を拒み、自宅療養希望。

コロナという最悪のタイミングだったからかなあ。

ようやく本格的に介護支援を受けるときが来たようだ。

今まで元気だったこともあり、こちらも介護の事はサッパリわからない。

しかも遠距離。

お正月に帰ったとき、なんとなく義父母の衰えを不安に感じて、毎月旦那さんを大阪に派遣することに決めたんだけど、ヤッパリ正解だったみたい。

ケアマネージャーというスペシャリストと繋がりを持ち、メールや電話でやり取りが始まった。

寝たきり

介護

怖い言葉もう何年も先の話ではないかも。

こんなに心の引き出しに、怒りの感情をしまい込んでる嫁には、できるのだろうか。

正直全くできる気がしない。

確かに確実に高い高い壁が見えてきた。

私は、これが越えられるんかな。

まだ、正面から向き合えない嫁はノープランのまま悩むばかり。

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました