正しく行えば強い味方積み立てNISA 

老後不安のないお金のはなし

2018年1月からスタートした積み立てNISA。始めていますか?

まだ初めていないけれど興味はありますとか、投資はギャンブルだから立ち入らないという方に読んでいただけたらと思います。

一般NISAハードル高めか?

一足早い2014年に始まった一般NISAという制度。

政府は、今まで投資をやってこなかった人にも投資をやって欲しくて作った制度ですが、なかなか思惑通りには行かなかったようで、もともと投資経験のある人は使っていましたが、初心者さんが喜んで参入とはいきませんでした。

  • 日本在住の20才以上の人ならOK
  • ひとりひと口座だけ
  • 年間120万円まで投資できる
  • 投資による利益(増えたお金)には5年間税金がかからない
  • 対象商品  株式や投資信託
  • 証券会社は、毎年変更可能

私は、高配当の株が大好きなんですが、NISA口座で購入すれば、配当金も5年間非課税になるのでめちゃくちゃうれしい制度なんです。税金の20.315%は、とても大きいです。

会社が儲かったお金を、株主(株を買った人)に還元してくれるお金です。

貯金でいう利息みたいなもんです。

だいたい、年に2回に分けて証券口座に振り込まれます。(*^▽^*)

NISA口座でなければ、税金が引かれて振り込まれます。

しかしながら、そもそも投資の必要性を教えられていない人が、非課税になるからと言って飛びついたりするわけもなくですよね。

そこで登場したのが、積み立てNISAです。

積み立てNISA登場

NISA
NISA

5年間税金免除してやるぞ

どうだ?ありがたいだろう?

投資未経験
投資未経験

投資はギャンブル・・損したくない

よくわからないものには、近づくな

こんな感じで、投資未経験の方には響かなかった一般NISAです。

そして、2018年1月に登場したのが、積み立てNISA!!

  • 日本在住の20才以上の人OK
  • 一人ひと口座(一般NISAとの併用も不可)
  • 年間40万円まで投資可能
  • 最長20年間利益に対して非課税
  • 対象商品  とにかく購入手数料無料で信託手数料も安く良心的な投資信託を最初からラインナップしてくれている
  • 証券会社は一年に一度変更可能。

投資信託ってすごくいっぱい種類があるんですよね。

私たちにとっていい商品も悪い商品もごちゃまぜです。

積み立てNISAでは、投資初心者が迷子にならないように、めちゃくちゃ損しないように、手数料を出来るだけ抑えた、長期投資に向いている良心的な商品をしっかりチェックされた上でラインナップされているので、選び易いのです。

  1. 銀行の窓口で口座開設をしてはいけない。相手は手数料欲しさにあなたを狙っているのです。
  2. 金融機関の窓口に相談しに行かない。営業マンは、ボランティアではありませんので、利用者の方が得する商品はすすめません。NISA以外のダメダメ投資信託をすすめられるかもしれません。
  3. 5年以内に必要なお金は、投資しない。短期では、むしろ損してしまう可能性があるからです。
  4. 何があっても途中でやめない覚悟で臨みましょう。暴落は必ずあるんですが、それでも辞めない人が、最後は勝てるという投資だからです。

一般の投資信託には、アクティブ運用とパッシブ運用(インデックス運用)の2種類があります。

アクティブ運用は読んで字のごとく動きが激しい商品で、初心者さんにはおすすめできないです。

一方パッシブ運用(インデックス運用)は、値動きがなだらかながら、長期投資で見てみると成績を出しやすい商品です。

積み立てNISAに採用されているのは、パッシブ運用(インデックス運用)の商品なので安心です。

金融庁はなぜこんなこと始めたのか

  • バブル崩壊してからずーっと給料が上がっていない
  • バブル崩壊してから、貯金や保険の利率が低すぎてお金が増えない。
  • 人口減少、高齢化社会が進み年金が減っていく
  • 世の中は良くならず国の保証は期待できないので、どうか自分で増やす努力をして下さい
  • ギブアップ

やんわり表現してますが、要は突き放されたと言うことです。( ;∀;)

これが、はっきりしたのが、かの有名な金融庁2000万円不足発言です。

しかし怒っても泣いても誰も助けてくれません。

もはや受け入れてしまわなければ前に進めないのです。

40代までの方はまだまだ、先が長いので、長期投資も十分可能です。

非課税の積み立てニーサを大いに利用して下さい。

私も含めてですが、50代には残酷な現実ですよね。

だって、当たり前ですが若い人より時間がないから。

お金を貯める時間も増やす時間も不利すぎます。(༎ຶ ෴ ༎ຶ)

でもね、今では90歳まで生きる確率は非常に高いんですよ。

そう考えるとまだ30年以上残ってます。

余剰資金があるならば投資はまだまだ可能です。

ただしこれは、心得て・・・

  • 20年使わないくらいの余剰資金で行う
  • 必ず積み立てで行う
  • 一度始めた積み立てニーサは、下がったからといって慌てて解約しない。
  • 信託報酬の安いものを選ぶ
  • 投資商品はしっかり選ぶ
  • 退職金では投資しない。(退職金は命をつなぐお金です)

そして、一度始めたらこまめに見ないことです。

過去に、投資してて一番成績が良かったのは、

  1. 死亡した人
  2. 忘れていた人

だそうです。

忘れられるくらいの資金でほったらかしがちょうどいいみたいです。

証券口座を開設しましょう

リアル店舗での口座開設は、手数料泥棒なので、お勧めできません。

NISA口座は、ネット証券が必須です。

証券口座を持っていないのなら、楽天証券がお勧めです。

  1. 楽天クレジットカードで5万円まで積み立て投資できて、この分のポイントがたまる。(もちろん積み立てNISAも)
  2. ポイントで投資が出来る
  3. 楽天カードのポイント率がアップする。
  4. 楽天銀行と同時開設し連携させると、楽天銀行の利率が0.1%に上がる(メガバンクは0.001%です)

クレジットカードで積み立て投資ができて、それでもらえるポイントまで投資に回せるとは、最強です。

私も、これは最近息子に教えてもらったので、今はSBI証券で積み立てNISAしてますが、来年は変更申請して楽天証券で積み立てNISAを開始しようと思っています。

口座開設は意外と簡単、スマホがあればお家で30分もかかりません。

是非是非挑戦してみてください。

まとめ

投資はリスクが付きものです。

それでも始める方がいい。

投資をなるべく低リスクにするためのお約束は

  • 必ず余裕資金で始める
  • 積み立てで少しずつ投資を進める。これは、ドルコスト平均法という方法で取得価格が一定に近づくので、いつから始めても長期であれば、あまり取得コストに差がなくなりリスクが抑えられる。暴落に強い。
  • 長期であるほど勝ちやすいので暴落しても慌てて解約しない。長期投資は暴落すら見方につけるんです。暴落時は投資信託を同じ金額でたくさん買えますから。
  • 信託手数料の低いものを選ぶ。
  • 投資商品は、よく吟味する。

因みに私は、SBI証券の積み立てNISA口座でSBIバンガードS&P500インデックスファンドを積み立ています。

投資はあくまでも自己責任で楽しんで行いましょう(^∇^)ノ♪

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました