ご飯作るのがしんどくなったら

幸せになれる考え方

主婦してる時間が積み上がって、自分流が出来上がっていくのは、ある意味いいことですが、

囲いの中をグルグル回っているように、同じ景色に飽きてくることもありますよね。

そんな、グルグルな毎日を過ごす中、家事が、ドンドンつまらなくて面倒になってなんてことも起きてきます。

私もそんなグルグルに巻き込まれて、毎日のご飯の仕度が面倒くさくなることがあります。

ご飯がプレッシャーに

毎日の食べることって、結構なプレッシャー。

作らなきゃと思えば思うほど、何も献立が浮かんでこなくなります。

私は、楽するためと、節約のために作り置きおかずを作っているのですが、いざ作るとなると、

  • メニューを考え
  • 材料を書き出し
  • 買い物に行き
  • 長時間キッチンに立ち
  • たくさん切って
  • メニューによって味付けを変え
  • できたものをタッパーに詰め
  • 冷ましてラベルを貼り
  • 冷蔵庫に保管
  • 鍋を洗い
  • キッチンを片付ける

これだけの工程が待っているわけで・・・・

冷蔵庫の中が空っぽになってくると、また・・・あれやらなきゃ・・・っていうプレッシャーが襲ってくることがあります。

こうするべき

そんなにプレッシャーになるなら、もう作り置きを造らないようにすればいいのでは?ってことになりますが、毎日フルメニューを作り続けるのはもっとしんどい。

どうしたらいいの~?

もっと簡単におかず作れないかな~

火を使わないとか・・・

生の野菜は、たくさん食べられないから、熱を加えてかさを小さくして法がいいのでは?

味をつけないとか。

味をつけなくては料理とは言えないでしょ。おふくろの味は?

ワン食材にするとか。

一日30品目が目標って言われてるよ。

ぐるぐる回ってた枠の中では、こうするべきっていう呪文に囚われていたのかも入れません。

1食材でよし

キノコは体にいいって言うけれど、どうお料理したらいいかと考えたら、面倒くさくなってやーめた。

やめてしまうんだったら、いっそ、油でいためるだけでいいんじゃない?

そう思っていろんなキノコを買ってきて、ザクザク切って、オリーブオイルで炒めただけ、味はお塩だけ。

そしたら・・・あら不思議。勝手にキノコがいい味出してくれている。

キノコだけで、お塩だけで充分1品になった。

海藻食べたほうがいいよと言われても、わかめは味噌汁くらいしか思いつかない・・・

だけど別に料理しなくていいんじゃないの?

乾燥わかめを水でもどして、ポン酢をかけて食べてみたら、立派な1品になった。

水が勝手に食べられるようにしてくれて、ポン酢が味を決めてくれる。

大豆が体にいいとは聞くけど、マメを煮るのって難しいでしょ。

そんなことしなくても、豆腐もあれば納豆だって売ってる。

これをパックから出して皿に盛り付けるだけで立派な1品。

体にもめちゃいい。

トマトやアボカドなんて切って出すだけで、最高に美味しくて、健康効果も抜群。彩もいい。

あれもこれも食べなきゃいけないなんて毎日考えてしんどくなってるなら、こんな感じでゆるっとやればいいでしょ。

味は各自でつけなはれ

最近味付けを省略していて、塩や、ポン酢、マヨネーズなど、調味料をテーブルに出す。

切っといたから、自分の好きな味で食べてね。

そんな形もいいんじゃない?

おふくろの味も確かにいいとは思うけど、それをしなきゃいけない決まりはないから。

岩塩を始めて購入してみたら、その複雑な味に感動した。

おふくろも知らない味の世界があるから、おふくろの中のおふくろの味ばっかり押し付けるのもよろしくないかもしれないよねって・・・ただの言い訳かな( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

生で食べたほうがいいもんもある

ぐつぐつ煮込んでると、なんかすごーく料理してる気になるけど、食材のいいところを流してしまってるなんていう本末転倒なこともある。

生で食べたほうが、その食材の持つ栄養がそのまま体に入っていい場合が多い。

それに何より、簡単だしね。

最近はまってるYouTubeがあって、そこで紹介されてた料理に衝撃を受けた。

【動脈硬化を予防】カリフラワーの驚きの栄養と効果的な食べ合わせ&調理法!カリフラワー1株使い切りレシピ
ガン予防に役立つことで知られるアブラナ科の野菜。カリフラワーもその1つに入ります。ブロッコリーとの違いや知られざる底力を持つ驚きの有効成分について詳しく解説します。また効果的な食べ合わせやすぐできる簡単レシピのご紹介など。★チャプター★0:00 動画の概要0:50 カリフラワーの栄養と効果3:25 調理のポ...

なんと、カリフラワーを生で食すというレシピ。

昔、母が、カリフラワーをよく食卓に出してくれたけど、決まって二杯酢の酢の物だった。

私は正直それが好きではなくて、カリフラワーはこんなもんという固定概念ができていた。

お店で時々売られていても、買うのは緑のブロッコリーの方で、白いカリフラワーには手を出さなかった。

だけど、カリフラワーは生で食べれるんだと54年目にして初めて知り、目からうろこ。

是非是非食べてみたいと思っていたら、ちょうどお手頃価格のカリフラワーが目に留まった。

これは、買いなさい!という神のお告げね。

さっそく買って、その日の夕食にだすため、ザクザク切って、ただドレッシングをかけただけのサラダ。

それがびっくりするほど美味しかった!!!(≧▽≦)

これは絶対にお勧め。どんなドレッシングでもたぶん間違いなく美味しいからやってみて~

いつの間にかぐるぐるから解放されてた

こうして、固定概念をひとつ、ふたつと手放していったら、結構作り置きおかずが冷蔵庫にいっぱいになってる。

ひとつひとつはシンプルでも、3タッパーよれば文殊の知恵よ。

十分健康的な盛り合わせができてます。

頑張らんでも大丈夫。

そう思ったら、なんかまた作りたくなってくるから不思議やね。

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。(≧▽≦)

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました