日常を大切にしていればトンネルに光が差す

子育て親育て

長男の転職活動が始まってから、1か月になります。

転職先が決まらないまま、今の職場には退職届を提出しました。

もう後に引けない状況に身を置いて、いったいどんな気持ちなのかははかり知れませんが、親の立場も結構苦しいものです。

これは、息子家族の問題だから、チョコチョコものを言いに行くのも出すぎた真似でしょう。

かといって、知らん顔もできない・・・

立ち位置が難しいのです。

幸いかどうかはわかりませんが、こうちゃんのお世話に週2で通うことが決まっているだけに、雰囲気は掴むことができます。

悪い空気のときは、帰ってからも気になって眠れないこともしばしばでしたが、長男の変化に驚くこともしばしばでした。

結婚する前の長男なら、投げていた一件も投げずに踏ん張る力がついてきて、

気持ちが沈んでも、それにどっぷり沈むことなく、転職活動も地道にやれるようになってました。

守るものができると、人間は強くなれるんだな~っていうリアルな体験です。

どうするの?どうするの?なんて絶対に責めないお嫁ちゃんは、いつも冷静に長男を話を聞いてくれて、本当にありがたい存在です。

私にはたぶんできないだろうな~

だから、私たちにできることがあればと、今日も沐浴のお手伝いに出向いてまいりました。

今日も夜勤なので長男がいますね。

長男の様子に一喜一憂してしまう母なので、いつも会うのが少し怖い・・・

ところが、この時間寝てるはずの長男が起きてきた。

内定もらえた!!

面接を受けていた会社から、内定のメールをいただいて飛び起きたようです。

他にも数社申し込みはしていたようで、いち早く内定をくださったこの会社に決めようか・・・どうしようかと問答をしていた最中、社長さんから直々にお電話がかかってきて、

本当は、すぐにでもイエスと言いたいけど、ここでいいんかな?と迷う長男の背中を押してくださいました。

それが良かったのか悪かったのかは、行ってみないと誰もわからないことです。

ただ、長男の顔は輝いていたので、それでよかったなって感じております。

苦しいことが起こっても、日常は続いていきます。

それをしっかり教えてくれるのが、孫のこうちゃんの存在でした。

こうちゃんは、悩みに沈んだ顔をしてても、構わず屈託ない笑顔を返してきます。

ウンチもおしっこも遠慮なくしますし、泣きたいときに泣きます。

当たり前ですが全く空気は読みません

そんなドストレートな反応が、凝り固まった大人の気持ちをリセットしてくれてるみたいでした。

そんなことよりさ~ウンチ替えてよね~ギャン

長い時間悩むほど答えが早く見つかるんだったら、悩み倒せばいいけどね、そうじゃないことはみんなわかってる。

自分で動かなきゃなんも始まらないってこと。

だから、まずは、ウンチ替えよう(;^ω^)

日常は止められないから、やらなきゃならないことが次々目の前にやってくるけど、悩む方を優先してたら日常は、あっという間に荒んでしまうでしょ。

こうちゃんは、日常の中でもとっておきの緊急事態、ほっとくと命にかかわるからね。

悩むことより、こうちゃんを取るのは、もう反射に近いよね。(;^ω^)

悩みにとらわれそうになったら、こうちゃんのギャン泣きに目を覚まされて、いい感じに前に進めたみたい。

そんな繰り返しの毎日で、気が付けば解決に向かってるってのが結構多い。

自分ひとりの日常なら、それにすら気が付けなかったかもね。

さっそく旦那さんにこの朗報を報告しなくちゃね~

うれしい報告は・・・じらしましょう。夕飯のときに乾杯しながらね。

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。

よろしければポチっと押していただけると喜びます。ヽ(^o^)丿

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました