ウーバーイーツ苦手・・・友達もあまり利用していなかった

老後不安のないお金のはなし

コロナ感染が拡大する中、飲食で売り上げを伸ばしているのは出前業界。利用している人多いんですね。私はしてないけどね。

今日は、月に一回の主婦友の癒し会。

緊急事態宣言が出されているので、外食は二の足を踏みまして、いつもなら我が家でたこ焼きパーティーってところなんですが、息子がリモートワークでかないませんでした。そんな中、別の友達が、おうちに提供してくれることになりました。

ご飯は出前で~っていう前提です。

そうするとまた、別の友達が、

ウーバーeatにしようよと言いました。(ライン)

いいねいいね。(ライン)と別の友達が賛同。

(;^ω^)・・・

実は私、ウーバーは苦手なのです。

出前システムのないお店の商品もひとつから配達してくれるっていうのが売りの配達システム。

あの四角い黒のリュックを背負ったお兄さんお姉さん方が、自転車やバイクで一生懸命運んでくださいます。

なぜそれが苦手なのか・・・

  • 配達の方は、登録制なだけで、配達の教育とかをきっとしていないだろうって思うと、神経質になってしまう。
  • 配達員の方が、お店の外でリュックを道において、商品を入れていたのをしょっちゅう見かけるので、気持ち悪い。
  • ひとつからでも配達してくれる代わりに、サービス料や配達料が商品の値段に含まれている。平均35%くらい上乗せされてるらしい。

すみません。私は、お口に入るものに神経質なところがあるので、こういう見解になってしまいました。

ウーバー苦手なので出前は嫌です。とは、連絡できませんでした。

だって、友達は楽しみにしているのに言えませんよね。

なので、差し入れのお菓子やデザートを買いに行くついでにカップヌードルを買って行くことにしました。

これもかなり勇気いりますが、付き合いの長い間柄なので、許して〜って感じ。

集まったところで、カップヌードルを出すと・・・

あーそういう方法もあったよなー

って声。

ウーバーってクレカ登録必要やから実際面倒くさいよね。

って・・話が違う・・・

ということで、ピザを取ることになったんですね。

私は、お財布置いてきたので、ピザにも入らずお湯だけもらいました。

結局、みんな出前とかやってなかったみたいで、ピザの注文も30分くらいかかって、しかも電話で注文。

1時間ほど待ってきたピザは、作り置き?って感じで冷めていました。

これで、3800円・・・

高いな(*’▽’)

私は、心の中で反省しました。

みんなウーバーを楽しみにしていたってのは幻想だったんだ。私と同じ感覚持った友達なんやから、今度からは、変な気を遣わずに提案しようと・・・

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました