濃厚接触者ミシンに没頭する

少額で楽しむコツ

こんにちは~

15日の月曜日、次男が発熱を訴えながら帰宅し、16日にはコロナ陽性と判定が出た。

自然と私たちも濃厚接触者となるわけ。

急ぎ会社に連絡すると、自分に症状が出なかったとしても今週はずーっとお休みになると告げられた。

今週はお盆でお休みの人が多く私が4連勤務とシフトされていただけに、少々申し訳なく思ったが、こればっかりは仕方がないことだ。

無理をして黙って出勤などしたならば、被害が拡大してしまうかもしれない。

大変ご迷惑おかけしますがよろしくお願いいたします。

会社には丁重に詫びて、バトンを渡してしまった。

ここまですれば少し安心。自分たちが発病した時のことを考えて食料も確保してあるし。

私は不謹慎ながら少しワクワクしていた。

何の前触れか、この前の週に急に洋裁がしたくなったので、日暮里の繊維街で100円生地を仕入れたところだった。

まさか一週間後に濃厚接触者となり、家に籠ることになるとは想像していなかったけれど、仕事にも行けず、ヨガにも行けない日々が1週間も続くのは、結構辛いものがある。(発病しなければ・・・だけど)

だけど目の前に、洋裁の本と、型紙と、生地が揃っていて、たっぷりと時間があって、やる気もあるのだ。

DSC_0780
DSC_0784

最初に手掛けたスケスケブラウスは、めちゃくちゃ戸惑って、ようやく仕上がったけれど、襟がなかなかしっくりいかず、結局裁断からやり直しした。通常なら突っ走ってしまうところだけど、何しろ時間があるもので・・・丁寧にやらしてもらいました。

DSC_0785

次に手掛けたのは、マキシ丈のパンツ。

この生地が実に扱いやすくて作業が進む!

と思ったとたん、やってしまった。

縫い代を割るために当てたアイロンで生地が溶けた。

洋服になる前に穴が開いてしまった。これは大変ショックだったが、私ってとことんやってしまう人なのね~とあきらめて、幸い多めに購入していた生地を広げて、また裁断からやり直した。

その後はアイロンの温度に細心の注意を払って、一気に1日で仕上げることができた。

DSC_0786

3枚目は、直線裁ちのブラウス。

生地を裁つのは非常に簡単なんだけれど、パズルみたいで縫う工程では頭がこんがらがった。

なんとか完成までこぎつけて、着てみるとおしゃれな襟元がいい感じ。

この生地のがらが気に入っていたので、あまり布でこんなものも縫ってみた。

DSC_0788

エコバック。ちゃんと収納袋も付けました。

私たちは、コロナの症状が出なかった。

来週からは、仕事復帰できそうだ。

縫った洋服を着て出勤しようかな。(#^.^#)

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。(*^▽^*)

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました