加齢が原因?男の膀胱炎

お金で買えない健康のはなし

こんにちは

一昨日の夜は、何度も起こされたような記憶が…

旦那さんが珍しく何度もトイレに起き上がってたような。

私には結構ありがちなんだけど、旦那さんは、トイレに行ったとしても一回くらい。

ひょっとして夢かなーなんてうつらうつらした夜でした。

だけど、それは現実で夢なんかじゃあなかったのでした。

膀胱炎かも

その日は仕事が早番で、4時50分起床。

新幹線の事前予約も入れなきゃいけなくて、バタバタしてたら、旦那さんが30分後に降りてきて…

俺、膀胱炎かも…

と、呟きました。

昨晩は、8回位トイレに起き上がったそうで、眠れなかったというのです。

膀胱炎…?

よく聞く病気ですが、私はまだ経験したことがありません。

印象としては、女性に多いと感じてましたが、男でもなるのね。

膀胱炎と言えば、菌が膀胱に入っちゃったわけなので、お医者さんで抗生物質をもらって治療する段取りでしょうね。

治療法は決まっているので安心。

しかも、今日旦那さんは在宅勤務だし、病院にも行きやすい、なんてラッキーなのよ。

そんな感じで、安心して、私は仕事へ出掛けたのでした。

男性の膀胱炎には裏がある

昼休み、膀胱炎をネットで調べてみると、

男性の膀胱炎は、女性よりも危ない!

とか

男性の膀胱炎には、別の病気が隠れてる。

なんて

怖い書き出しが並んでいるではないの。

読み進めてみると、やっぱり膀胱炎は、女性に多い病気。

女性は尿道が短いから大腸菌が侵入しやすいのですね。お尻を吹くときは前から後ろがいいのかしらね。

私は、後ろから前だわ…

そんなことどうでもよい( ≧∀≦)ノ失礼しました。

でも、男性も少いですが、かかる病気のようです。

ただし、その原因は、大腸菌ではない、他の病気が関わっているらしいのです。。

  • 尿路結石や腎結石
  • 前立腺肥大症
  • 尿道、膀胱カテーテル

これらのことが、原因で

おしっこが出にくくなったりして、中で菌が繁殖してしまうみたいです。

女性の場合、初期段階なら水飲んで、おしっこを、ドンドン出せば治っちゃうなんて言われてますが、男の人はそうはいかないようですよ。

必ず病院へ行かなくては行けません。

旦那さんの場合

昨日受診したのは、いつも血圧で受診してる

内科でしたが、先生は腎臓関係が専門みたいなので丁度よかったです。

あれば、泌尿器科がいいと思います。

先生の見立ては、ネットで調べた通りで、まずは、抗生物質を5日分飲んで、症状が変わらなかったら、前立腺肥大症の治療に入りましょうってことでした。

おしっこする時の痛みや、血尿もなかったので、結石の可能性は低いと判断されたようです。

前立腺肥大症は、50代以降に多い病気なんだそうです。

加齢とともにホルモンバランスが崩れていくせいでしょうね。

でも、治療法も確立されてるし、初期なら薬で直ぐ治せるらしいから安心しました。

昨晩は、お薬を飲んだお陰か、2回しかトイレに起きなかったみたいです。

男の人って定年を迎える頃に重大な病気が見つかったりしますよね。

長年の無理が祟ったのと、日頃なかなか病院に行かないのが原因かもしれません。

せっかく定年して自由になれても、闘病生活になっては報われませんものね。

チョッと私もヒヤヒヤしましたが、治せる病で本当によかった。

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。\(^-^)/

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました