親孝行ってこういうことなんだな

子育て親育て

おとといの土曜日。

実家の母が柿をたくさん送ってくれて、是非長男家族にもあげてねって事だったので、取りにおいでとLINEしたら、

日曜日行ってもいい?

長男から返信が入ってました。

あいにく、その日は健康診断があったので(結局生理でキャンセルになったけどね)

早朝ならいいよ。

と返信しときました。

やってきたのは、早朝6時。

日曜の6時なんて世間では寝てる人の方が多いよねきっと。

我が家は、超朝方なので、夜時間にこられるより都合がよいのです。

今日はこうちやん連れではなく、単独で訪問。

柿を渡してさようならとはならず、新しい職場での話をし始めました。

話をする前から、話の方向が見えるかのような良い表情。

長男は、昔からわかりやすい人。

調子がよくないときは、体中からやな空気が出てるのが見えそう。

今日は絶好調ね。

調子がいいときは、いい言葉しか出てこない。

聞いてるこちらもいい調子。

旦那さんもいい調子。

私もいい調子。

知らない人なら、心を病んで引きこもってたことなど信じられないだろうな。

こんなに笑顔ハツラツな人が?うそでしょ?

本当なんですよ~。うそみたいだけどね~

こんな風に言える日が来るなんてね。

その時は、全く想像できなかったですよ。

底無し沼にドンドンはまって、もがけば、もがくほど深く深くはまって…

もう鼻くらいまではまってる感覚でしたよね。

かろうじて生きてるみたいな。

そんなときって、なんのために生きてるのか?ってことをばっかり考えてしまってね。

死んだ方が楽かもね…って気持ちがわきあがってきたりするのよ。

常にこんな思考の繰り返しで疲れてたなー。

もう、ズーッとこのままだろうって思えちゃうのよね。

だけどさ、今はこんなだからね。

生きてると何が起こるかわからないよ。

っていうのは、間違いか…

生きてると、何か起こせちゃうんたよね。

だからさ、生きてないとダメなのよ。

あの時諦めて、頭まで沼に沈んでしまってたら、もうこんな明るくて、楽しくて、ウキウキワクワクするような毎日を感じることもなかったってことだからね。

長男の顔を見てると、私までホッコリホコホコしてくる。

どんな高価なバックをもらうより、この時間が幸せ。

これが、親孝行の正体か。

いつも父の日や母の日に何か美味しいものでも送っとくかーって、ネットで適当に見繕って送ってたけど…

まあそれもいいんだけとさ。

親がホントに喜ぶのは、何もないことなのかもしれないな。

何もない普通、平凡な日々に子供たちがしっくり馴染んで生きてること。

これが一番望んでることだな。

私がそう思うんだから間違いない。

たた、うちの場合、沼からの激しく右肩上がりなので、メチャクチャわかりやすいだけなのよね。

特別に幸せを感じられたよ。

これってラッキーなの?

よくわかんないけど、そう言うことにしとこう。

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。o(^o^)o

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました