1000万円プレーヤーの旦那様を持つ奥様の暮らし

老後不安のないお金のはなし

旦那さんの給料の話なんか絶対にしないし、

聞いては失礼な一線ってやつでしょ。

だけど、どこの会社にお勤めのサラリーマンだと聞けば、

有名どころならだいたいわかります。

ここから上なのか・・・下なのか。

こことは、つまり1000万円のライン。

このラインを越える年収をもらってる旦那様を持つ奥様ってどんな暮らしぶりなんだろうって、思うことがありました。

さぞかしお気楽で優雅な暮らしぶりなんだろうなんて勝手に想像したもんです。

奥様たちの共通点

知り合いにそんな恵まれた奥様が複数いるのですが、

正直、私とそんなに暮らしぶりは変わらないように見えます。

そんな彼女たちを見ていると、複数の共通点があることに気が付いたんです。

  1. 旦那さんのお給料を知らない
  2. 家計は、旦那さんから一律の金額をもらってやりくり
  3. 貯金も保険も旦那さんしか知らない
  4. 高学歴
  5. 子どもたちは早くから私学
  6. 家持、車持ち
  7. 家事が嫌い
  8. 旦那さんは家にいないことが多い
  9. 何かにハマりがちでそこにお金が流れる
  10. ガッツリ働きがち

ひとつずつ紐解いてみていきますね。

旦那さんのお給料を知らない

奥様達は、一切旦那様のお給料明細を見たことがないらしい。

そんなまさかって私的には思うんですが、奥様たちは知らないし、聞かないらしいんです。

旦那さんたちも、ボーナスが下ったとか無くなったとかいうネガティブな情報は入れて来るらしいのですが、増えたって言う情報は一切なし。

ネガティブ情報によって毎月の支給は減らすけど、上がっても増やさないよって方針なのかな。

そこんとこつっこまないの?奥様!

家計は、旦那さんから一律の金額をもらってやりくり

奥様たちは、毎月決まった額を給料日にもらっていて、

食費、医療費、教育費などを支払っているって言ってました。

塾代などはここから支払うのだそうで、子どもの成長とともに金額を上げてくれと抗議したのですが、

旦那様の回答は、

旦那
旦那

今までの余りを貯めてないの?

っていう切り返しを食らったそうです。

すみっこ
すみっこ

それはないよな( 一一)

と、思ったんですが、

旦那さんからの支給金額が、25万円と聞いて、

旦那さんの言い分わかるかもって思ってしまいました。

すみっこ
すみっこ

これって家の全生活費くらいなんだもん

この25万には、家賃も光熱費も通信費も入ってないわけで、

しかも結婚当初からほぼ変わっていないらしい。

奥様に取ったら、生活とともに昇給とともに上がっていくもんだと見込んでいたのかもしれない。

だから、もらったらもらっただけ全部きれいに使い切ってしまってたのです。

何年もその金額でやりくりしてれば、生活レベルはその水準に落ち着いてしまうでしょう。

子どもに教育費がかかってくるからって、急にレベルは下がりませんよね。

旦那さんもそこんとこ最初に奥様に言っとかなきゃ~

お給料口座のキャッシュカードを二人とも持っているらしくて、特別に出費が増した月は、旦那さんが出金してしまう前に、ダッシュで数万引き出すらしいんです。

奥様
奥様

旦那に全部出金される前にお金ゲットしとかなきゃならんから

給料争奪バトルじゃ~

貯金も保険も旦那さんしか知らない

そしたらきっと、旦那さんがいっぱい貯金貯えてくれてるよね~って言ったら

奥様
奥様

ぜんぜん知らん

そんな答えにオッタマゲマシタ。

あるときには、保険の話になったのですが、奥様は何の保険にどれくらい払ってるのかも全部旦那様の管轄なので、知らんという事でした。

しかしながら、私たちの話でさすがに生命保険の事は聞いておこうと思ったのか、

その晩旦那様に尋ねたそうで・・・

そしたら、そんなこと一切聞いてこなかった奥様になんだか恐怖を感じたの?か、

旦那様
旦那様

何で今頃そんなこと聞く?

保険はこっちでちゃんとしてるから気にせんでもいい

なんて、突っぱねられて教えてもらえなかったらしい。

旦那さんが死んでも、奥様は保険請求できるのかな・・・

高学歴

1000万円プレーヤーの旦那様と知り合えた奥様は、だいたいが高学歴です。

でも、学校ではお金の事なんか一切教えてくれませんよね。

そして、奥様もそれなりの大企業にお勤めしていた過去があります。

それなりにお給料ももらっていたので、生活レベルは独身時代から高めだったようです。

子どもたちは早くから私学

旦那さんに満足しているかどうかは、???ですが、子どもたちに旦那様のように1000万円プレーヤーを目指してほしい気持ちは大いにあるようです。

だから、教育費は惜しみなく出します。

早ければ早いほどいい学校には入りやすいと言われた時代。(本当かどうかは疑問)

収入もそれなりにあるわけですから、中学からのお受験はあたりまえのようです。

家持、車持ち

言うまでもありませんが、持ち家、車所有です。

東京都内で、これはかなりの覚悟がいる金額になるでしょうが、

賃貸に住むという発想はないようです。

私が賃貸戸建てに住んでると話したら、むしろ私の方が金持ちみたいに勘違いしてました。

きっと奥様は、借りるより買う方がお得だと思ってるんでしょう。

家事が面倒くさい

奥様は、お茶を家で沸かしません。

ペットボトルで賄います。

もちろんマグボトルでお茶を職場や学校に持っていく発想もありません。

奥様
奥様

ペットボトルのお茶を買いに行くのが重労働なのよ

なるべく安く買うためにドンキまで行かなきゃ

おうちの中にペットボトルのゴミがいっぱいになると嘆いていました。

たかがペットボトルされどペットボトル。

子どもたちが毎日学校に持っていくのもペットボトル。

だいたい一か月に1万円以上お茶代がかかっているようです。

麦茶のパックは50パック入って150円。

これでうちは、1か月過ごせてますけどなにか?

お茶に贅沢しても幸福感は一切変わらないと思うから、ここんとこ、変更宜しくお願いします

と心の中でつぶやきました。

旦那さんは家にいないことが多い

1000万以上をもらっているサラリーマンは、それなりに選ばれた人であることは間違いない。

でもやっぱりそれなりに拘束され、それなりに重労働です。

旦那様たちは、毎日ほとんど夕飯を食べないらしい。

遅くまで接待などがあるからっていうことで。

帰ってくるのは11時より早いことはない。

休みもゴルフに行きがちなのだそう。これも仕事。

1000万円のためには、やらねばならんのだ。

そして、奥様は小さい子供をほとんど一人で育てたようなもんよ!と口をそろえておっしゃる。

小さい子供が二人と自分。

病気になっても自分が何とかしなきゃならない日々を文句言いながらでも頑張ってきたのよ。

大変だったと思う。

だから、子どもが大きくなって独立したら・・・

奥様
奥様

私は好きなことさせてもらうからね!!

って強めに宣言してるらしい。

一体何をどうするのか?ちょっと心配

無駄なお金を塞き止めない

奥様は、サブスクのお金を払いっぱなし。

私が誘ったホットヨガ。

誘わなきゃよかったのか・・・って考えてしまってます。

何も私の腹は傷まないのに、無駄にお金が流れて行ってるのを見るのは苦手なのです。

奥様は、私と一緒に2年7か月前にホットヨガに入会したものの、10回くらいしか行ってないという幽霊会員。

なんと10回で27万円も支払ったことになります。(;゚Д゚)

ライザップ並みの金額。

そして、いまだに奥様は退会していません。

何度もやんわり退会を進めてみましたが、いまだに幽霊会員を続けてます。

奥様
奥様

行きたい気持ちは大いにあるの

いつでも行けるように、その場所はおいておきたいので

さすが、奥様は余裕なのです。

私が、端でヤキモキする必要はないのかもしれません。

ガッツリ働きがち

そんな奥様たちですが、専業主婦ではないんですよ。

奥様は、むしろ私より長時間働いています。

もう扶養家族を抜けている奥様もいます。

そして、いつも疲れています。

奥様は、お金が必要なんです。

好きな仕事だからとかではなくて、お金が必要だから働くんです。

1000万円プレーヤーの旦那様とお金が無いないと働く奥様。

こういう現状が隠れていることがわかりました。

旦那さんが退職後には、実はこれだけ貯めてたのよって

莫大な財産を披露してほしいところです。が、

ほんとのところどうなっているんでしょう。

旦那様が現役中に気が付けば挽回は可能

奥様達に知り合うまでに想像とは少し離れたイメージの生活が垣間見れました。

収入は、貯蓄額に比例しないというのはこういう事なんだってのも、すごく理解できました。

その生活が幸福かどうかは、本人ベースで考えることですが、

蛇口からはお金が流れ込んでいるのに、湯舟の栓を締め忘れてしまっているイメージです。

今は、蛇口からの大量のお金で、排水溝から流れてしまっているお金に気が付いていないようですが、いずれ蛇口からはちょろちょろっとしか出なくなってしまう訳です。

ですが、まだプレー続行中に栓が抜けていることに気が付いて栓を締めなおせば、直ぐに湯舟のお湯はたまっていくと思います。

挽回力は抜群ですよね。

おお~い奥様!一回ホットヨガ退会してみよ~か~(;^ω^)

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました