損切り決意

老後不安のないお金のはなし

現在含み損100万円近く。

含み損は、損じゃない。

上がるかもしれない。

きっと上がる。

もう一円上がってから。

こんな言い訳してるうちに

ここまで来てしまいました。

JT 1000株

高配当欲しさに買った100株。

そして、値下がりするごとにナンピンを繰り返しました。

買っても買っても、取得価格以下になって、追っかけっこしてたら1000株になってたよ。

だけど、私には配当がある!

配当154円!年間154000円!

この含み損は、7年で取り戻せるやん。大丈夫大丈夫。

これにすがって持ち続けようと決めたのに・・・

ポキリと心が折れた音・・・

減配のパイ(;O;)

154円から130円。

それでも、取得価格から計算するに5%の高配当。

年間配当13万円。

8年で取り戻せるやん。大丈夫よきっと・・・

そして、JTさんはこれから改革をするとおっしゃっている。

ただ気になるのは、配当性向(利益に対する配当の割合)を75%に抑えるって言葉。

これは、会社としては、まともだと思うんだけど、今まで配当性向90%以上で配当出してきた会社が、75%にするってことは、やっぱりこの先も配当減っていくってこと?

なんか業績上げる秘策とかあるん?

それもなんか明確化しないし・・・

\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

今回の減配で、その考え方は成り立たなくなたってことが証明されてしまったのよ。

配当が減らないことが前提なら、株価が下っても、長期で持てば配当だけでペイできるから持ち続ける。

こんな風に考えてたホルダーさんが見切りをつけて手放されたんでしょうね。

パーッと損切しちゃって

そのせいで10%以上株価が下っちまった。

そして、ここでもまだ売れないホルダーの私。

そんな潔さがほしかったな。

毎朝、目が覚めると株価が気になる。

毎日JTに支配されとるみたい。

嫌だ・・・何とかこの金縛りから解放される方法はない物か。

だとすれば、もうあれしかないでしょ。

損切りを納得させる工程

損切するしかないで―という私と、持っとったら配当も株価も戻ってくるって、っていう私が綱引きしとる。

その勝負はいまだついてない。

そこで損切り派の私が仕掛けた。

この前、東京センチュリー売った利益は?

¥377,000(税込)

これ税金引かれたらいくらになる?

¥300,431

7万円以上持っていかれるで~

この、¥377,000のマイナス分だけJT売却したら、

SBI証券が損益通算してくれて

プラマイ0円やから、損もしなくて、税金も取られへんよ。

計算すると384株売れるで。

次は、

今まで、もらった配当は?

税引き¥267,758

これは、もうなかったもんやと考えてみたら?

安易に詳しく調べないで高配当やからって手を出した痛いけど勉強代と思ったらいいんちゃう?

273株売れるで。

合わせたら、657株やから、600株売っても、損じゃないやん。( `ー´)ノ

そんな説得をされて、なるほどなるほど~って納得した損切り反対派の私。

ついに、JT600株を売る決意が出来ました。

複雑な思いで優待品を選ぶ

今週届いたJTの株主優待。

1000株以上でCコース¥7,000分の食品が届きます。

今回で、最後やね。

そんな思いでハガキを出しました。

レトルトご飯28食とレトルトカレー7食。

次回からは、Bコースご飯28食または、カップ麺24食にランク落ちします。

Bコースは200株以上からもらえる優待なので、

今回損切りしたあと、自分がどんな精神状況になるかを見極めて、

400株から200株に減らす作業に向かいます。

意外にさっさとできるのか、もたもた言い訳してしまうのかはわからないけど、

変に上がったりするのを目にすれば、心の傷が再びえぐられてしまうから、最終的には全部処分したいと思います。

(;^ω^)・・・先ほど¥1,910で600株売れました。

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました