3月は株主優待大量ゲットのチャンス

少額で楽しむコツ

こんにちは~

3月は12ヶ月のなかで、最も株主優待の権利をたくさんゲットできる月です。

わずかな手数料で株主優待だけもらうクロス取引

私もつい昨年の2月から参入したばっかりの、まだまだ初心者ですが、株の上げ下げを気に病む事もなく、わずかな手数料のみで株主優待がゲットできるのは本当でした。

ほぼタダで楽しめる方法
旦那さんは来年59歳での早期退職をします。そうです。そこからは、いままでの収入ルートがなくなってしまうということです。今までの貯えと退職金で食いつなぐ日々になるわけで・・・でも、ここからの生活が、収入がないからって...

それはクロス取引という方法です。

これには、証券会社の口座を開設し、尚且つ信用取引口座を開設するところから準備が必要です。

そして、株を買う資金もそれなりに用意しなくてはいけませんので結構ハードル高いかもしれません。

私は、日興証券に旦那さんと自分の信用取引口座を開設して、株主優待を二人分ゲットしています。

ほぼタダで株主優待をもらう方法実践編
株は損するから嫌だと思っている方でも、損をしないで株主優待をもらう方法があるとしたらどうでしょう。そんなの詐欺でしょって思うかもしれませんが、詐欺でもなんでもなく合法です。これをクロス取引と言います。老後生活に潤い...

株取引歴は長いけれど踏み切れなかった訳

株は現物のみ!と心に決めていた私は、信用取引を使うことにすごーく抵抗がありました。

信用取引って、証券会社に資金を用立ててもらって、自己資金以上の利益を狙う取引。

借金してお金を増やすことをレバレッジをかけるっていうのですが

不動産投資なんかも借金して物件買って、その家賃収入から借金を返すでしょ。

信用取引もそんな感じですが、不動産と違って株の動きは非常に激しいので、のんびり見てはいられません。

借金して、損する方向に転じてたら、夜も眠れなくなります。

そんなギャンブル性のある投資は、私には不向き。

なので、信用取引にはぜったいに手を出さないときめていました。

思い切って飛び込んでみたらウキウキが止まらない

去年の2月、8社の株主優待をゲットしました。

  • 高島屋のお買い物10%OFF優待カード
  • イオンギフトカード2000円
  • 吉野家の御食事券3000円
  • ビックカメラの商品券2000円
  • ドトールの御食事券1000円
  • ウェルシアのお買い物券3000円
  • イオンギフトカード3000円
  • ギフトカード2000円

約16000円分の株主優待をもらうために払った手数料は、1600円ほどでした。

最初に株を単位数分買う資金は140万円ほど必要になりました。

少しドキドキしながら最初の第一歩を踏み込むと、あとは結構大胆になれるもんです。

次の月の3月なんかは、一気に数を増やして79000円分の株主優待をもらいました。

これにかかった手数料は8000円ほど。

しかし、この時は返ってくるとはいえ、株を買う資金が800万円となかなかの金額でした。

それでも思い切ってやってみたおかげで、5月には、2月の株主優待が、6月には3月の株主優待が毎日のように届いて、ウキウキが止まりませんでしたね。

手数料を気にするよりより多くゲットする方が得かも

この3月の場合、昨年より10日ほど遅く取引を始めました。

それは、1日でも遅い方が、証券会社に借りる株の手数料が少なくて済むからです。

ところが、結局借りたい株が、売り切れてしまってゲットできないという事態に陥り、今年の優待は48000円止まりとなりました。手数料は4000円弱で済みましたが・・・

去年は手数料8000円かかっていたとしても、あと3万円多く優待が受けられています。

効率は多少悪いにしても、たくさんの優待品をもらえるほうがお得だと思いました。

今回のことを踏まえて、来年はもう少し早く動く事にします。

何しろ今年は引っ越しという大イベントと被ってしまったので、結構気持ちの切り替えが難しかったんですけどね。

だけど次々発送されてくる優待品にドキドキする感覚は格別です。少なかったと言えどそれが味わえてよかった。

株主優待は、日本株独特のもので、外国株にはないんです。

この先日本も株主優待を廃止していく傾向にあるようですから、まだたくさん実施している間にクロス取引ゴンゴンやっていきますよ~。

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。(*^▽^*)

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました