メルカリって毎回発見があります

お勧めお得なはなし

ミニマリストを目指しはじめて、かなりの物たちを処分してきました。

しかし、生活している限り処分は続くよどこまでもなんですよね。

不用品の処分方法

不用品の処分は下記の方法で行っています。

  1. 目方売りのリサイクルショップに持ち込む
  2. メルカリに出品する
  3. 可燃ごみ不燃ごみとして出す
  4. お金を払って粗大ゴミとして出す

最も簡単な方法は、3番のルールを守って見返りを求めないで捨てるってことです。

私の場合ここに辿り着くまでには、相当あがいてしまいます。

この方法を躊躇なくできてこそ本物のミニマリストなのかもしれませんね。

捨てるの苦手な人は、捨てると決めたら、できるだけ早く手放すのが鉄則。そばに置いてると、また未練が出て引き出しに返してしまう恐れがあるからです。

私は、捨てることに未練は持たないタイプ。

どうせ処分される運命ならば、できるだけ有効利用して、その物とサヨナラしたいという考え方です。

この考えに一番応えてくれるのは、2番のメルカリです。

おうちでフリマができるメルカリ

20年くらい前、こんな便利なものはありませんでした。

携帯電話すら庶民には程遠い一品でしたから、アプリとかはドラえもんの世界ですよ。

この時代に不用品をお金に換える方法は、実店舗のフリマです。

ワンブース1日5000円ほどの場所代を支払い、商品に値札を付けて、車で搬入。

一日だけのお店ごっこ感覚でとても楽しいってところもあるのですが、準備から片付けまで考えると売り上げの割にはかなりの重労働です。

それがメルカリなら、お家でパチリと写真を撮って、ひな形通りに入力していけば、売れるまで放置。

時代は変わりましたね(;^ω^)

メルカリで出品するだけなら無料なので、売れなければ取り消して、リサイクルショップに持ち込むこともできます。

メルカリ失敗談

過去に43点の不用品をメルカリで購入していただきました。

メルカリでの出品はお手軽ではあるいっぽう購入者さんとのやり取りは、自分の責任においてしっかり行わなくてはいけません。

付けた価格で交渉なしに購入してくださる方もいれば、お値下げの交渉をしてくる方もいらっしゃいます。

実店舗フリマのときもそうでしたが、値下げ交渉は当たり前と考えています。それがまた、フリマの面白いところですから。

ある程度の価格交渉に応じるため、最低価格は心に決めています。

メルカリの売り上げは、

手取り金額=売上金ーメルカリ手数料10%-配送料(こちら持ちの場合)

この計算に沿って手取りがいくらまでなら値下げできるかを計算します。

配送料は、購入者負担にもできるのですが、トータル金額がイメージしにくいためか、売れにくいです。自分が買うならと考えても、やはりそういった品物は避けがちです。

配送料は、らくらくメルカリ便という一般よりもお得に設定されたものを使うことができますが、大きさによってかなりの負担金になるので要注意です。

43点も売ってると、色々な失敗も経験してきました。

ここで私のメルカリ3大失敗談を紹介します。

  1. 手取り金額まさかのマイナス
  2. 見落としの傷にクレーム
  3. 購入に気づかず、ペナルティー

1番目は、配送料の計算ミスで、手取り金額がマイナスになってしまったのですが、相手様には関係のないことなので、笑い話で終わりました。

2番目は、結構ヤバいミスでした。

息子のギターを出品したときのことです。購入してから一度しか触らずでしたので、新品同様ってことを書いたのです。

私自身、ギター経験も愛着もないせいでしょうね、新品同様にしか見えませんでした。

結構すぐに問い合わせがきて、スムーズに購入していただけました。

我が家にとってギターはとっても邪魔だったので売れたことがとても嬉しくて段ボールで丁寧に梱包も頑張りました。

ところが、到着と同時にクレームが入ったんです。

ギターに愛着がある方だから、傷があることにすぐ気づかれたみたいです。

こんな経験は、初めてで対応方法が浮かばず頭が真っ白になってしまいました。

そこで、購入者様にはお詫びをし、素直に自分にはどうしていいかわからないのですが、と今後の対応を購入者さんに聞いてみたんです。

お相手の方はメルカリに非常に慣れている方らしく、対処の方法をすぐに伝えてくださいました。

  • 値引きをする
  • 値引きOKなら、その金額プラスメルカリ手数料で購入者さんが架空の品を出品したことにして私が落札する。

ギターは、最初8000円で売れたのですが、2000円の値引きに応じることにして、それにメルカリ手数料10%の200円を足した2200円で、購入者さんが架空の品物を出品します。

それを私が落札して、振り込みのみ行い商品発送はしないという形で落着しました。

よってギターの売上は、5800円となりました。

収入面では痛かったですが、購入者さんが良い方でホッとしてしました。

非常にいい勉強になった経験でした。

3番目は、絶対にやってはいけない失敗です。

長い間売れ残っていた商品がありまして、反応がほとんどないので忘れていたんです。

するとメルカリから強制キャンセルのメールが来たんです。

出品の存在をすっかり忘れていたので、背筋がゾワッとしてしまいました。

購入者さんは、直ぐに振り込みをしてくださったのに、こちらは無反応放置をしてしまった状態でした。

そりゃ怒りますよね。

その方に謝ろうにも連絡も取れない状態になってしまってました。

本当に申し訳ないことをしてしまいました。

そしてしばらくの間、出品停止のペナルティーを食らいました。仕方ないです。

家中お宝だらけかも

人によって物に対する価値観って随分違うものなんですね。

こんなもの売れるわけないって思っていても、出品してみたらすぐ売れたり、これは売れるって高い値段つけたら全然売れなかったり。

以前、私が散々使用していた水着を出品したのですが、すごく反応が良くて全て売れたのにはびっくりしました。使用感ありありなことも包み隠さずお伝えしていたにもかかわらずです。

過去の売上を数えてみたら111800円もありました。

意外と多くてびっくりです。

面倒でなければ一回は出品してみることをお勧めします。

思わぬお宝が眠っている可能性がありますからね。

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました