母の驚き・・・でも絶対マネしないてしょ

ミニマリスト持ち物

こんにちは~

母が、団地の我が家へ訪問したのは初めてでした。

団地は、私的には十分な広さです。

今の持ち物は、団地サイズに合わせて断捨離してきました。

箪笥もない、食器棚もない我が家に入った母は、ナイナイ尽くしの空間に違和感を覚えたようです。

服はどこにあるの?

まずは、たんすや引き出しがほとんどないことを不思議に思って、

服はどこに入れてるの?

という質問してきました。

実際の洋服をすべて公開すると

え?春夏秋冬でこれだけ???

少ない服で暮らしていることは前々から話していましたし、実家に行くときも同じ服ばかり着てるとも言われていたのですが、実際に全体像を目の当たりにしたのは初めて。

旦那さんと2人分、いやいや次男と3人分の洋服を合わせても母の持っている数には到底かなわないようです。

服に対して母は

まだまだ着れるという思いで捨てられないと言います。

捨てられないのに、また買っちゃうんだとも言います。

マニュアル通りのマキシマリストさんです。

大きな箱にはどんどん入るから

私と妹が結婚し、去年父が亡くなって、母は大きな家に一人暮らしとなりました。

実家に帰ってもそれなりに片付いていてなんの問題もありません。

ですが、母の話を聞いていると、相当な物が隠されているようです。

母は父が亡くなってから、ごっそり捨てたかったものを捨て大規模断捨離を実行しました。

何しろ父は、何でもかんでも(壊れてても)置いておきたがる人でしたから・・・

もう文句を言う人もいなくなったということで、自分の思い入れがないものは捨てたんだそうです。

これですっきりしたぞ!と大満足していた母なのです。

ところが、我が家を訪れてその差に歴然としてしまったみたい。

こんなに少なくても暮らせるんだ・・・

少し減らそうか・・・とか呟いてましたが、

結局のところ、箱(家)が大きいから、片付ける必要を感じないんですね。

本当に減らす気になればいつでも手伝いに行くよと伝えましたが、まだまだその気はなさそうです。

食器はどこにあるの?

次にびっくりされたのが食器の少なさ。

わが家は、食器を食器棚ではなくキッチンの吊戸棚へすべて収納しています。

母にすべてを見せるのは実に容易です。

2回ほど引き戸を開けるだけ

たったこれだけ?(”Д”)

驚くのも仕方ありません。母の家の食器は、我が家の10倍以上ありますから。

それは、お正月に私たちが集まるからだと母は言いますが、

食べた後の洗い物をしていても、食器棚にはまだ大量の器が出番を待っている状態です。

実際に使っているのは、たぶん同じお皿でしょう。

数が多いから、洗った後に食器棚に戻すのは、母にしかできない作業となります。

母なりにこれはここに戻すと決まっているよです。

今年のお正月は、こうちゃんたちも実家に集まったのでにぎやかになりました。

こんなお正月は、最初で最後となります。

そろそろ世代交代です。

来年からのお正月は、東京でお祝いするからねと伝えました。

もちろんバラバラに来ることはありますが、全員が一気に集まることなどないでしょう。

だから、この食器はゆっくりでも処分したほうがいいかもね・・・

その気になったら、いつでも片付け手伝うよと伝えました。

結局最後までいくかもね

断捨離の話はするのですが、最後は結局、このままでいいやと結論が出てしまう母です。

最後は、業者に頼んで全部捨ててくれたらいいと思ってるみたい。

そんなことに何十万もかけるのは正直もったいないんですけどね。

本人がその気にならないことには致し方ありません。

戦後の物のない時代を生きた人には、使えるものを捨てるなんて罪深くてできないようです。

まあ母が幸せならそれもいいかと思います。

私は私・・・母は母ですからね( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。(*^▽^*)

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました