大そうじは必要ありません

整えるはなし

年末と言えば

  • おせちの用意
  • 大そうじ
  • 年越しソバ

主婦はやることいっぱいです。

はっきり言ってお正月は好きではありません。

ひとつでも用事を減らしたい気持ちです。

大そうじの幻想

これは、私だけかもしれませんが、大そうじは、家族の仲の良さを測る行事…なんていう事を思っていたことがあります。

ママ
ママ

今日は大掃除するわよ。

お正月を迎えるために一年の汚れを落としましょうね。

子供
子供

わーい!僕頑張るよ。

お母さん、どこをやればいい?

パパ
パパ

じゃあ一緒に窓ふきしようか。

ママ
ママ

助かるわ〜

じゃあ頑張ってね。

終わったら美味しいお昼ごはん買いに行きましょう。好きなもの買ってあげるからね。

こんないい感じの大そうじの風景。

ありですか?

実際は、

ママ
ママ

今日は大掃除よ。

子供
子供

めんどくせー

寒いしやだよー。

ゲームしたいしー。

無理!

パパ
パパ

………

こんな感じではないでしょうか。

こんな感じで始まるわけですから、ママは、イライラしちゃうし、子供は早く終わらせるためにいい加減にやっちゃうし、パパは、静観。みたいな…

これじゃーキレイになるわけありませんよ。

心を計りにかけて毎年落ち込むだけなんて、しんどいことしかありませんでした。

子供の立場に立ってみれば、やらされている作業なのですから、気持ちよく積極的になんてありえないですよね。

ママの理想を押し付けられても…ってところです。

パパは、いやいやながらも怖いママを怒らせないようにと、大人としてのこうしなきゃいけないという世間体で、致し方なく動く感じかな。

でも、心がこもらないお掃除は、結果でわかります。

お正月前にいつも険悪になるというのが、過去の大そうじでした。

大そうじやめる

どこの家もやってるから。

年末は当たり前だから…

そんな指標で、仕方なくやっていた大そうじはやめることにしました。

やめた!

って決めたら、なんて清々しいことでしょう。

家族に感じたイライラも一切感じなくなりました。

大そうじしなくても、お正月は、誰にでも平等にやってくるのです。

ただ残るのは、自分の中の自己嫌悪。

正月なのにキレイな場所で迎えられないなんて…神様はどう思われるかしら…

これをなんとかすればいいわけです。

分割そうじ始める

1年の汚れをたった一日で、ピカピカにするなんて虫が良すぎます。

お金を出してプロにやってもらうんなら別ですがね。

わざわざ、寒い時期にやるのも大変ですし…

窓吹きを木枯らし吹きすさぶ中やるなんて地獄です。

私は、春か秋に2回ほど窓ふきをスケジューリングしちゃいます。

たったの2回?と思われるかもしれませんね。

私は、家事の中で窓吹きが最も嫌いなのです。(╯︵╰,)

それでもしないよりは…ハハハ

大ッキライな窓吹きは、3日か4日かけて、少しずつするんです。

そんなふうに細切れにすることが、続けるコツ。

一気に片付ければ、後が楽かと思いきや、疲れが残ってしまい、次回の窓ふきがトラウマになってしまうのです。

だから、疲れない程度で、一日窓1箇所と決めてます。

すると、1箇所に集中できるので、仕上がりが素晴らしくなります。

そして、不思議と次の窓もやっちゃおうかなーって気持ちにもなるんです。

が、

それはやらない事をオススメします。

無理はしない!それが次につなげるコツなのです。

小さく短くそして、続けてやるこれが、分割そうじです。

セスキ炭酸ソーダコスパ良すぎ

エアコンも、夏と冬の終わりに2回。

だけど換気扇は、週間1ペースです。

油汚れは放っておいたら大変だから。

週1ペースなら、専用洗剤は必要ありません。

これだけで大丈夫。

セスキ炭酸ソーダです。

これ、1キロで300円ほどなんですけど、もう5年くらい使ってるのに半分も減ってないという感じ。

もっと少ないのがよかったのでさが、なかったんです。

少し湿気てきたかも。

小さじ1杯弱を500ミリリットルのお水で薄めてスプレーで使用します。

コンロも使ったら直ぐシュッとかければ、油汚れがスルスル溶けて取れちゃいます。

なのに、お手てと環境に優しいのですよ。

家中これで、分割そうじやってます。

トイレもお風呂も、キッチンも床も…全部。

なのに5年もなくならないなんてコスパ良すぎですよ。

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました