物価が2%上がったけど何とか予算内で

老後不安のないお金のはなし

こんばんは~

昨日で6月の収支が締まりました。

食費、予算4万円のところ・・・39,244円。\(◎o◎)/!やったー

長男家族が泊りに来たり、いろいろあった割には大健闘、予算内に納めることができました。

逆に、日用品費、予算8500円のところ・・・10,786円と2,286円もオーバーです。

医療費は、予算6,500円のところ・・・3,100円に抑えられてます。

元々は、日用品費が1万円、医療費が5,000円の予算でしたが、医療費が増えるであろうと先回りして1500円を上乗せし、家族が減ったことに伴って減るであろうと思われた日用品費の予算を1,500円削って帳尻合わせしてたんですが・・・

元に戻した方がいいでしょうかね。

日用品費には、調味料、トイレットペーパーや洗剤など生活消耗品を含みます。

先月までダイソーなどで購入している日用雑貨は、特別費(余裕費)に入れてましたが、予算が大きいので、あんまり何も考えずに購入してしまい、結局無駄使いになる・・・ってことがあったもんで、戒めもあって、予算の厳しい日用品費に入れることにしてみたんです。

だから当然予算パンパンになりますよね。(;^ω^)

予算に引っかかってくると、それをどうやって調整していくかを工夫しようという気持ちにさせられるんですよ。

これこそ家計簿本来の役割です。

たかが110円であっても、簡単に買っていたら、予算オーバーしてしまいますし、果たしてその雑貨は絶対必要であったのか?と、買った後の使用頻度もしっかり後追いするようになるでしょう。

100均で購入するものは、キッチンスポンジ、金たわし、メラミンスポンジ、排水溝のネット、ビニール袋、歯間ブラシ・・・こんなものでしょうか。

結局これを買いに行くときに、何かいいものないかな~と探し回ってしまうのがいけませんね。

必要なものだけかごに入れてレジに直行してれば、たいして予算を圧迫するほどでもないですよ。

余計なものに手が出ているんでしょうね。

引っ越しして、使いやすく改善することに力を注いでいたせいもあったんでしょうが、もうそろそろこの辺でええやろ。

十分使いやすい家になってるよと、自分に言い聞かせて100均には近づかないようにしています。

6月も物価指数が、2.1%アップだとニュースが言ってましたので、まあまあ頑張りましたね。

頑張った鬱積が、少し貯まっていたようです。

今日は、からっぽになった冷蔵庫に補充するために、バイクで奔走いたしまして、食費を一気に13,500円も使ってしまいました。(;^ω^)

結構毎回こういうペースになってしまいますね。

本当は、スタートは徐行くらいにしておきたいのですが、ダッシュというか暴走というか・・・

おしりで合わせるタイプみたいです。

ひとつうれしかったのが、水道代金が前回分より1500円も安くなって、2か月で7000円チョイに収まりました。

電気代が爆上げしているからこれはありがたいです。

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。(*^▽^*)

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました