10月って色々値上がりするんだー

少額で楽しむコツ

9月最後の日です。明日からは、10月。

昨日自民党総裁選挙も終わり、岸田総理大臣が率いる内閣が来月からスタート。

いろんな変化を感じる10月です。

実は私の誕生日も10月・・・54歳になるんだな~

影響を回避できる値上げ

お昼休みについてるテレビを見ながらお食事していたところ、10月から値上げで~すって聞こえてきました。

たばこが税金上がって値上がりするらしい。

そこは関係ないから大丈夫だわ。

小麦粉が値上げするから、和菓子やパンなんかが値上がりするよ~

そこも大丈夫そうだわ。

先月旦那さんが、毎朝、朝食にパンを食べるのをやめてから、もう1か月。

これからも食べなくて大丈夫そうって言ってたからね。

たまに食べるくらいなら、全然家計の負担にはならないでしょ。

マーガリンも値上げするらしい。

これも、以前の我が家ならば一大事だったけど、パンをやめられたのでマーガリンは一切買わなくなりました。

嗜好品や食料品は、高いから必要ないと感じればやめればいいわけです。

回避が難しそうだけどできるよ

値上がりしたからといって、やめられないものがあります。

それは、電気とガス。

これらは生活必需品、やめるにやめられないサブスクです。

大手電力会社ガス会社が、10月から値上がりするそうなのです。

光熱費って、値上げされてもさほど感じなくて、気が付かないものなんですが、繰り返し行われるとじわじわ効いてくるんですよ。

そこで、対策方法として

  • 電気会社とガス会社は自由選択できますので、値上げする大手から撤退して、新会社に契約を変更する
  • 古い家電を買い替える
  • 小さいおうちに引っ越しする

エアコンをつけずに暑さに耐えるのも節約になるかもしれませんが、温暖化で尋常ではない暑さの中エアコンを節約するのは、人命にかかわる場合もあるのであまりおすすめできないですね。

それよりも、供給会社を大手から変えてみることをお勧めします。

ほとんどの場合、大手からの供給よりも新供給会社の方がお安い料金で提供してくれるはず。

自分ちで、今どれくらいの電力を使っているかをちょちょいのちょいと入力するだけで、どこで契約するのが安いかが出てくるサイトがいっぱいあります。

初めて変更するなら、最初の特典も大きいので数万円単位で節約できる可能性も・・・

家電はどんどん進化中。

性能もさることながら、エコ機能がすごいです。

家で一番電気くい虫なのは冷蔵庫。その次がエアコンでしょう。

10年使いこんだものなら、そろそろ買い替えも検討の余地ありでしょう。

小さい家に引っ越すって言うのは、究極の節約術。

物が減るし、増やせなくなる。

狭い部屋は、すぐに冷えるし、すぐに温まるからエアコンも省エネ。

うちは、意図して狭い個室で構成された戸建てを探して住んでます。

みんなが集まるリビングダイニングはわずか5畳。

子供たちは大人なので、それぞれの個室でそれぞれにエアコンをつけますし、夜通しつけっぱなしで寝ます。

それでも一か月1万円ほどの電気代で済んでいるのは、部屋が小さいからだと思います。

安いの奴隷にならない

それでも、日本は今やなんでも安い国になっているそうです。

あのダイソーだって、外国に行けば100均ではないんですって!

ダイソーって100円均一のお店じゃなかったの?

では、ないそうですよ。

物価が安い日本は、外国人に実に人気、特に中国とかね。

大きなスーツケースで爆買い風景をコロナの前はよく見ましたよね。

物もしっかりしていて信用があるのに、値段も安いから、爆買いして転売する人もいるんでしょう。

昔の日本は、物価の高い国だったはずなんだけど・・・ぼーっと生きてる間にこんなことになっていたんだ~。

安くないと受け入れられないのは、収入が上がっていないことが大きな原因ではあるんですけどね。

原因は、それだけじゃないんだと思います。

安いからって、いるかいらないかわからないものを、とにかく買い漁る国になっているからかもしれません。

そうやって、取りあえず買ったものがおうちの中であふれている状態。

持ち帰ったとたん、その魅力は何だったのかよくわからなくて、そのまま使わずに放置。

それなのにまた買ってしまう。これは、値段の魔力。

値段の魔力に取りつかれてしまったのかもしれません。

そんな日本人によりたくさんの物を買ってもらうには、より安くが鉄則。

安く売るには、安く作る必要があって、そのために大量生産が行われ、売り切れないものは廃棄する。その方がコストが安いから。

そして働く人の給料も安くたたかれる。

こんな悪循環がずーっと繰り返されているんです。

この悪循環を断ち切るために、安いから買うをやめる。

必要な物を必要なだけ買う。

安かろう悪かろうを見極める。特に食品には気を遣う方がいいです。

安いものには、わけのわからない名前の添加物がたくさん入ってて、長持ちさせるようにとか、きれいに見えるようにとか、細工がされていますから。

安いに翻弄されない目を養いたいですね。

慌てず騒がず

総理大臣が岸田さんになろうが、パッと生きやすい明るい日本になるわけではありません。

ですが、未来をあきらめるわけでもありません。

自分でできることを、コツコツ毎日変わらずするってこと。

値上がりは、いろいろなことにこれからも起きてきます。

そのことに憤慨ばかりして、他者のせいにしていたって、誰も助けてくれませんから、頼るのは自分だけ。

いらないものにお金を使うのをやめ、食べすぎをやめ、自炊することを増やすだけで、随分消費が減るでしょう。

その減った分の余ったお金をコツコツ貯めていく。これが、のちに最強の武器になるはずなんです。

お金は何にでも変身できる七変化の最強武器です。

これをうまく増やし、うまく残し、うまく使うのは、自分の腕次第。

明るい未来のために今できることがそこいらじゅうに落ちているはずです。

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。

よろしければポチっと押していただけると喜びます。(*^▽^*)

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました