リフレッシュして修行に向かう

幸せになれる考え方

3週間ごとに髪をそめてもらってます。

生え際がほぼ白髪地帯と化してしまって、3週間で1センチ以上の白い帯になってしまう。

2年前はまだ、4週間のペースだったのに・・・今じゃ4週間経つと隠すのに必死にならなきゃならない。

隠しアイテムは、ヘアファンデーション。

バレそうな生え際めがけて刷毛でさっさと塗るだけです。

ファンデーションと言ってもリキッドよりではなくてパウダーよりでもない、ちょうど中間くらいの柔らかさなので、扱いはとても簡単。

朝塗れば、洗髪するまでごまかせますが、塗ってるのを忘れて頭を触った手には、茶色いファンデーションがついているので、その手で服や顔を触らないようにご注意ください。


贅沢でもそこに行く価値

3週間に一回のペースで美容院で白髪染をしているのは、若干贅沢ですよね。

だって、巷にはあんなに染料がたくさん売られているだから、きっと皆さんご自分で施術をされているんですよ。

それでも2900円支払って美容院に行くのは、それなりの価値があるからなんです。

そこの美容師さんとは、もう6,7年のお付き合いです。

多くの美容室は、洗髪は、新人さんのお仕事になってるようなので、行くたびに違う人ってこともあります。

こちらは、専属美容師さんがトータルでお世話していただけます。

とにかくシャンプーが上手です。今日も危うく・・・シャンプーチェアで熟睡して、ビクッとなりそうになりました。

染料も、肌にとてもやさしくて一切ピリピリした刺激がないので安心してます。

間隔が短い分、染料は肌に優しいものでないと心配ですからね。

そして何より、お話上手。

私、基本的に、馴染みのない人とは話せない人間です。

美容院に行って、義務的に会話されるのはしんどいので、ずーっと雑誌を手離せない客でした。

彼女とも出会いはそんな風でしたが、年齢も近く、子供の年も同じな共通点も徐々に知り合ってきてからは、いろんな話をするようになりました。

今日は、こうちゃんが生まれてから初めて訪問。

もう、初孫こうちゃんのことや、長男宅にお世話に通ってることもご存じです。

知り合いだけど、深い仲ではない、こういう存在の人って、なに話しても被害者は出ません。

昨日から少しイライラが止まらないことなどをいっぱい話してしまいました。

そんな話をスポンジみたいに上手に吸収してくれるから、心地いいんですねきっと・・・

さんざん聞いてくれた後に

すみっこさん、すごく気を使ってるね。

頑張ってるわ~

なんて言ってくれます。

話を聞いてくれながらも、ブローはかっこよくしあげてくださって、鏡に映る自分にちょっとだけテンションが上がります。

今日も来てよかった。

あまりにも気に入ったので、友達にもゆるく進めてみたら、みんなやっぱり気に入ってくれて、みんな常連客となり、今でも通ってます。

コロナで会えない友達の情報が、ここにきてわかったりして、面白いです。

笑顔で訪問

さあ、少しきれいにしていただいて、またこうちゃんのところに行きますか・・・

昨日は、少しこうちゃんの声がかすれていると心配して、沐浴は中止したのですが、元気そうなので今日は沐浴のサポート。

ベビーバスにお湯をため、洗ってもらったこうちゃんに、洗面器のきれいなお湯をかけるのが私の仕事。

濡れたこうちゃんを預かって、セットしたバスタオルでふきふき。

足を拭いたママにバトンタッチをした後は、ミルクを作ります。

今は100CCのミルクを飲むらしい。

助産師HISAKOさんのYouTubeで、母乳免疫にこだわらなくても赤ちゃんはおなかの中で胎盤免疫をもらっているから大丈夫っていう言葉に救われた私。

余計なことは考えないで、100CCのミルクを作って冷ます。

それをママにバトンタッチして、夕食のおかずを盛り付ける。

今日は、パパが夜勤なのでママ一人分をワンプレートに盛り付け。

朝から揚げた豚肉巻き巻きカツをメインに、ポテトサラダと、カブの葉炒め。

なかなか、映えてるね。

そうしているうちに、こうちゃんの哺乳瓶が空いたので洗浄。

今日はパパがいないから、ママにはシャワーを浴びてもらう。その間こうちゃんを抱っこ。

夜勤のパパも続けてシャワー。

今日の私のお役目は終わりです。

こうちゃんをママに渡して、笑顔でまたね~次回は日曜日ね。

修行してるな~

こうちゃんのママは、とてもシャイな女性です。

だから、アクションが想定外の場合が多いにあります。

感情がわかりにくいんです。

でも、ママから見れば、馴染みのないおばさんですよ私は・・・

そのおばさんに心を開けるほど付き合いないものね。

そうよお互いに警戒心が強くなって当たり前なのよ。

ゆっくりゆっくり見えないくらいゆっくりのペースで近くなれたら、儲けものくらいに思っているのがちょうどいいですね。

お嫁ちゃんは、友達みたいに自分で選ぶ人物とは違います。

だから難しい。自分の引き出しにそういう人物の情報は入っていないからです。

これは、修行なんですね。私に新しい境地を開拓させるための大事な修行です。

だから、逃げずに受け入れて、自分のペースを少しギヤチェンジして落としてみよう。

ゴールは、お嫁ちゃんとべったり仲良くなることではなくて、長男家族が幸せに生きていけるように見守る存在になれること。

まあ亀のようにゆっくり淡々と歩みます。

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました