お金を守るお決まりルーティーン

整えるはなし

毎月25日は、うれしいうれしい給料日。

どこの銀行も午前中のATMは、大行列ですね。

私も以前は、そんなひとりでしたが、

もう行列に並ぶのはやめました。

お家にこもってお金を動かせるようになったからです。

これが楽しいひととき・・・という私は、きっと変人ですね。

私が給料日にしていることは、以下の三つ

  • クレジット明細をプリントアウトして、間違いないかをチェックする
  • クレジットの支払金額と銀行引き落としが相違ないかチェックする
  • 旦那さんのお小遣いを計算し振り込む

クレジットカード払いをチェック

銀行に行かなくてもよくなったのは、ほとんどがキャッシュレスで賄えるようになったからです。

家計管理を現金でやってた時は、給料日にはATMで並んで給料をすべて現金化して、袋分けをしてました。

現金は、知らない人から知らない人へ行きわたるものなので、実はとっても汚れているのに、きれいに洗濯などされたことは一度もないでしょう。貴重だけれど、実は汚いお金は、できるだけ触らないようにしたいというのが、現金主義から脱却したきっかけです。

家に置いておく現金はせいぜい5万円くらいで十分です。

現金が家にないということは、心の平穏にもつながることを知りました。泥棒や災害、火事が万が一起きても、消えてしまったら戻ってこない現金がもともとないので、失くすものが少なくて安心できます。

しかし、そこにはデメリットも存在します。

クレジットカードや、スマホ決済で現物がなくても買い物できてしまうので、浪費してしまうという点です。

これを回避するには、やはり家計簿が必要となります。

変人の私は、家計簿をつけるのが大好きなので、そこは難なくクリアです。

でも大概の人は、家計簿って面倒くさくて続かないですよね。

そこで便利なのが、アプリで家計管理できるマネーフォワードです。

私は、お金を使ったら、まずはノートの家計簿に記入してから、マネーフォワードにも入力するようにしました。

先月までは、ノート家計簿のみだったので、給料になると項目ごとに計算して、予算から見てどうだったかを分析しておりました。

計算は結構面倒で、間違いもあります。しかし、このマネーフォワードに入力すれば、その都度計算してくれますし、きれいな円グラフで全体を表現してくれたり、項目ごとにグラフで、1年の標準支出や前年度比較なんかもあっという間に出してくれます。

クレジットカードも登録しておけば、使った金額が一目瞭然、使用用途もわかるので使いすぎもチェックできます。

私も以前は、これに頼ろうとクレカ登録してたのですが、エラーが出たり、反映が思ったタイミングで行われなかったりするもので、ちょっと不安になり、この部分は、アナログですが、自分でチェックしています。

今月のカード明細書をプリントアウトして、家計簿ノートと金額が合致しているかをひとつずつ確認しながら、明細書とノートの両方にサインペンでチェックを入れていきます。アナログ~

たまに、ノートに記載がなかったり、支払いキャンセルがなされてなかったりというのが見つかるときがありますが、そういう時は、電話でカード会社に確認したり、購入履歴をチェックしたり、とことん納得できるまで刑事のごとく追及します。

使用クレカが、旦那さんと合わせると8枚もあるので、これだけで2時間ほどかかったりしますね。アナログ~

それができたら、引き落とし銀行口座から、間違いなく引き落としが行われているかをチェックします。今は、クレカすべての引き落とし口座を楽天銀行に集約させましたので、口座残高が足りないってことはなくなりましたが、以前足りなくて、勝手に借り入れ~ってことがありました。知らず知らずに借金利息を払う羽目になったことがあります。こんな無駄な出費は一番後悔しますよ。だから、しっかりチェックするか、口座をひとつに決めて資金を絶やさないようにしています。

現物がないだけに、ここまで確認しないと安心できない私です。

おかげさまで詐欺にあったことは一度もございません。

クレジットカードの悪用には、毎月のチェックが一番防御方法です。違法に使用されていたとしてもすぐに気が付いて、カード会社に不審な使用を調べてもらえば、必ずお金は奪われません。

それを長期にわたり放ったらかしにしていると、気づく事すらできないし、気づいたとしても時間が経ってしまっていることで、信頼性が薄れて、もしかしたらお金が戻らないかもしれません。

ひと月に一回、やるだけで、悪い人にお金を搾取されることもなく、安心できるし、信用度も高まるし、おまけにポイントも貯まるから、キャッシュレスはお得なのですよ。

逆に現金は、落としたら戻ってこないし、ポイントもつかないし、手が汚れるし、荷物も増えるのです。

旦那さんのお小遣いの扱い

8月までは、家にある現金だけで渡せるくらいの金額でした。

それが、9月からは25万円を将来のお小遣い作りのために先払いしています。

金額が大きいので、家にはありません。

仕方がないな銀行行ってくるか・・・

ちょっと待った!!

わざわざ混雑している銀行に行かなくても、旦那さんに小遣いを渡す手段はあるぞ。

そうそう、振込手数料無料の楽天銀行や住信SBI銀行の口座を持ってるではないの。ここから必要な分だけ振り込んであげれば、行かなくて済むよ。

何だか、毎日会える人に振り込みを使うのって、隣にいるのにLINEするみたいな感覚・・・

でも便利~ヽ(^o^)丿

絶対に使うべきですね。だって無料なんだから。

お金より貴重な時間も奪われずに済むのし、お金を持ち歩かないので安全ですからね。

ATMにはマスクをしない変な人もいたりしますから、感染リスクも免れますよ。

お小遣いを振り込む前に、

  1. 25日~24日まで1か月間のお弁当を持って行った日をカレンダーで数えて、200円を掛け算。鬼嫁~
  2. 旦那さんのプライベートな使用をクレカ明細から引っ張り出す
  3. 投資に拠出された金額を確認

この三つの金額を25万円から引き算して、振り込み~~~ぽちっとな

はい!完了。簡単ですね。

お帰りになったら、ねぎらいの言葉は添えるようにしようと思います。そこんとこはアナログがいいです。

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。(*^▽^*)

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました