もうすぐセミリタイア生活

老後不安のないお金のはなし

8月25日のお給料日を最後に、

満額おうちに入るお給料日は終わります。

どういうこと?

9月から来年の8月までは、お給料の手取りから25万円が旦那さんのお小遣いとなる約束です。

この1年で12回のお給料日と、2回のボーナスがありますので、旦那さんは300万円を自分のものにできるのです。

リタイア後の自由なお金

リタイア後には、たくさんの時間が手に入ります。

でも、時間だけだとなんだか寂しい。

自由になるお金も少しあれば、きっと幸せは増しますよね。

私はそんなお金を用意しています。

なぜなら、パート代に一切手をつけなくても生活が成り立ってこれたから。

パート代を楽天証券で積立投資にせっせと積み上げています。

家のお金は、リタイア後の生活と、旅行などに使い、いずれは子供たちに譲れるようにと考えてますが、それとは別に誰に気兼ねすることなく使えるお金があれば、もっと楽しいはず。

自分磨きのお金は、自分の金庫から出したいものです。

そんなお金を私だけが持っているのは、誠に不公平でしょ。

フェアに生活できるよう、旦那さんにも自由なお金を育ててもらう計画です。

年金までの貯金取り崩し

来月からの1年間は、毎月家賃分くらいしか家収入は、なくなります。

残りは、貯金と、次男からの生活費で賄っていかなければなりません。

次男からは、月3万円を生活費として入れてもらってますが、毎年1万円ずつ上がるシステムです。

10万円に到達するころは、次男も33才。

いつまでも親がかりで楽をしていたら自立を邪魔してしまうので、このシステムにしてます。

同居すればするほど、家に入金してくれる金額が増えるので、こちらは大助かりなんですけどね。

我が家の100歳までの金表によると、早期定年までの1年間の貯蓄取り崩しが、約200万円で、プラス給料の150万円と次男の36万円で、トータルは386万円の生活資金を計上しています。

そのうち140万円ほどが実家に帰ったり、電化製品買ったりその他もろもろの予備費。

250万円ほどが、生活費となっています。

この1年は、まだ会社に席があるので、社会保険の持ち出しが一切ないということで、取り崩しが意外と少なく感じます。

ところがこの次の年の生活費は、なんと310万になってます。

しかもこれ、予備費は入ってません。(◎_◎;)

この中には、

  • 住民税
  • 健康保険料
  • 国民年金

数々の社会保険と税金が姿を現しました。

給料明細には記載されていたものの、天引きされていたのでリアリティーがありませんでしたね。

しかも住民税は、前年度の収入に応じての請求になるので非常に大きい。

退職した年の次の年が、最も大きな出費があると想定しておいてちょうどいいでしょうね。

この苦しい年を抜け出せば、その次の年には、住民税が無くなります。

予定通りだと、私は今のパートの仕事をし、旦那さんは小遣い稼ぎ程度のパートを探し、二人とも100万円以内で働くので、住民税非課税世帯になります。

住民税非課税世帯になることで、国民健康保険料の減免が受けられて、国民年金も支払いが免除になります。

ただ、国民年金は最後まで免除を受けずに払いきるつもりでいます。

旦那さんは60歳で支払い満了ですので私の分を4年間、年金定期便の予定額がもらいたいので支払います。

しょっぱい話はここまでにして、せっかく早期退職を実現したのだから、海外旅行にも行きたいところです。

二人で海外に行ったのは新婚旅行以来ですから。そのための予備費として、ここから毎年200万円を計上しています。

この200万円は、旅行もそうですが、これから介護が必要になる離れて暮らす両親のことも考慮しています。

ここで、我が家にローンがないことが大きな助けになってきますね。まだ住宅ローン返済中だとしたら不安も倍増して旅行どころではなくなるでしょう。その前に早期退職できないよね。(*´ω`*)

と言ってもうちは賃貸なので、ローンの代わりに家賃が発生しています。

でもこれは、生活とともに変化させられますから、子供たちが全て巣立ったら、小さい安い物件に引っ越せば、多少は軽くなるでしょう。

貯金を取り崩して生活する身になりながらも、こんなに大胆に遊びの予算を計上できるのは、100歳までの金表を作っているからです。

定年直後は、退職金や失業保険が転がり込んでくるので、気が大きくなってしまいますが、そのお金で何年生活できるのか、どんな風に使っていくのかを決めておかなければ、長い人生を後悔することになります。

どのくらい使っても大丈夫なのかを100歳までシュミレーションしていれば、生きていくのがとても楽になるはずです。

100歳までの金表を作ろう
金表?って何?これは私が勝手に作った呼び名ですが、キャッシュフロー表と言います。これは未来へのお金の不安を解消してくれる大事なツールです。私も、これを作ってからは、安心どころか老後が楽しみになって来てます。...

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。

よろしければポチっと押していただけると喜びます。(*^▽^*)

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました