松井証券のサービスががすごい

老後不安のないお金のはなし

最近の株高で証券会社の開設が増えているようです。

よく耳に入るのは、SBI証券と楽天証券。

楽天証券は、クレジットカードで月々5万円までの投資信託が申し込めるのがすごいんです。

楽天カードで5万円の申込みをすれば、楽天ポイントで500ポイントが還元されてきます。

SBI証券は、Tポイントと提携してて、Tポイントで投資ができるんですよね。

私は2社とも開設してます。

特に楽天証券は、楽天経済圏に入ってから、フル活用させてもらってます。

ところが、ここにきて松井証券が、ありがたいサービスを打ち出してくれたんです。

信託報酬の一部負担してくれてしかも現金で返還

出遅れ感のある松井証券ですが、株取引をやり始めた頃はフルに活用してたんです。

株売買の金額が10万円以下なら取引手数料無料だったからです。

少ししか買えない私みたいな人には、使える証券会社なんです。

しかし、最近は個別株で売ったり買ったりするより投資信託に資金をシフトしていく考え方に変わりました。

それからは、あまり松井証券でログインすることも少なくなり、楽天やSBI証券の門を叩いてばかりいました。

世間の波もこの2つの証券会社を勢いよく持ち上げている感じ。

そんな中、投資信託をする人にとって、とても良い情報が飛び込んできました。

信託報酬一部負担。現金還元!

2020年4月から松井証券は、

投資信託の運用期間中にかかる信託報酬の0.3%以上の部分最大0.7%まで現金返してくれることになりました。

信託報酬って運用期間中は、ずーっとかかる手数料です。

最近は、信託報酬0.1%以下の投資信託なんかも出てて人気ですが、少し前までは、1%以上の高いものがたくさんありました。

年1%でも100万円運用していたら1万円です。

これが運用期間中ずっーと取られるのです。

長い運用を続けてようやく得られる4%ほどの利益から1%もの手数料が持っていかれると思うと、悲しいですよね。

0.3%までしか報酬を取られないってことは、3・7%の利率を保持できるって計算になります。

これはかなり大きいですよ。将来のもらえるお金にすごく響いてきます。

他の証券会社は、ポイント還元なのに対して、現金還元とは・・・松井証券さんは太っ腹だ。

ただし・・・対象銘柄が決まっています。

私の買いたい投資信託は、残念ながら対象ではありませんでした。

移管手数料も負担してくれる

投資環境が整う前からやっていた投資信託を所有している方にも朗報です。

松井証券以外で運用している投資信託を松井証券に無料で移管できるかもしれません。

対象商品に対して移管にかかった他社への手数料を肩代わりしてくれるサービスまで出しているんです。

運用成績がいい商品なら検討の余地ありです。

株取引無料枠も拡大

私が頻繁に使っていたころは、10万円まで無料だったんです。

それが、今は50万まで無料になっていました。

これなら、多種多様な銘柄に無料でアプローチできますよね。

手数料は、何百円かもしれないですが、そこんとこ軽く見ないことが投資を成功させる基本です。

どんぶり勘定では、儲かりません。

〇十万、〇〇百万を動かしてても、▼百円も同じ価値としてスルーしないように気を付けましょう。

証券会社切磋琢磨の時代

投資に二の足を踏みがちな日本人もここにきて、投資の世界へ足を踏み入れる方が増えました。

そうなることによって、燃えるのは証券会社の方々。

より多くのユーザー様を獲得するために、切磋琢磨を繰り返しています。

情報はネットで見ればすぐに見つけられるんですが、面倒くさがっていては出会えないです。

投資を少しでも成功に近づけるのには情報収集は大切ですね。

私は、株価とにらめっこするのは、ぼちぼち卒業して、ほったらかし投資の投資信託へ大幅シフトチェンジすることにしました。

投資信託は放っておけるけど大きなリターンは望めません。だから、手数料は大敵です。

出来るだけ早く情報ゲットして、少ないリターンを出来るだけ減らさないような努力はしていくつもりです。

 

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました