年金内で生活する練習は早い方がいいです

老後不安のないお金のはなし

老後夫婦二人になった時の生活費を想像で試算しています。

一か月165,000円の想定をしているのですが、これは頭の中だけで考えた絵空事。

項目予算
家賃70,000
食費30000
日用品10,000
医療費5,000
光熱費15,000
通信費10,000
旦那小遣い20,000
合計160,000

そして、ここには娯楽は一切入れていません。

旅行や外食、交際費、交通費、被服費といった楽しいことは別枠で200万円計上しています。

老後の生活をいかに楽しく暮らすかがこの200万円にかかっているんです。

この200万円は、毎年世界旅行へ行くための大事なお金です。

だから生活費は、とことん抑えたいわけです。

今の生活費は?

今現在の生活費は、4人でこんな感じでやれております。

項目予算
家賃117,000
生命保険5,000
旦那小遣い47,000
食費45,000
日用品10,000
医療費5,000
光熱費21,000
通信費12,000
合計262,000

やはり大きいのは、家賃ですね。

2人になれば、現状よりも47,000円小さくする予定。

2人になれば、3階建ての一軒家は、大きすぎますし、

できれば2Kか2DKで個々がひとりになれるお部屋と、小さいキッチンがあれば十分。

築年数が古くても、中がリフォームされていることが多いので古さはさほど気になりません。(今も築30年以上の物件に住んでいますので)

今とは違って、毎日会社へ行かなくなるので、駅近くにこだわる必要もなくなります。

これだけ条件が下ると、東京でも7万弱の物件は見つけられそうです。

旦那さんの小遣いも半分以下に設定しています。

現状47,000円の中には、昼食代も含まれていますから、引退すればそれはいりません。

そして、今年の9月からの一年間は、給料の中から25万円をお小遣いとして渡す約束をしています。

この25万円✖12か月で300万円を投資と貯蓄でうまく回して将来のお楽しみのために使ってもらえたらと思っています。

私の小遣いはというと、今のパート代から、毎月5万円を積み立て投資していますので、

そこから4%ルールを活用してお小遣いに充てるつもりです。

ありがたいことにパート代は、一切生活費に補填せずやれてきたので、

無職になった後も、自分の分は自分で賄おうと準備してます。

子どもが巣立つとともに減る光熱費と食費

以前、長男がまだ家にいた頃は、食費が5万円でした。

結婚して、4人家族になって、5000円削りました。

最初は、予算オーバーになりがちでしたが、今は慣れて予算を余らせる月もたびたび出てきました。

今月に入り、次男が2週間の出張に出かけたら、買い物の回数がグンと減ったのに驚きました。

買い物の回数が減るということは、食費も減るということになります。

お米、牛乳、たまごの減りが緩やかでした。(;^ω^)

もう一つ減りを感じたのは、光熱費。

特に水道代は3000円くらいの減額。

これは、洗濯物の減少が大きくかかわりますね。

それとシャワー。長男のシャワーは、本当に長かったから。

毎月ノートに水道代、ガス代、電気代を記入していると、このような微妙な変化も手に取るようにわかります。

食費もっと削れる気がしてきた

最近は、夫婦二人の夕食が増えてきました。

今日は二人やから、軽く行きますかってな感じで、作り置きのお惣菜に卵焼きを添えるみたいな簡単な粗食で済ませることが度々あります。

年令を重ねると、食べすぎは体の調子をかえって崩すことにもなります。

粗食ばかりで、なんだか空しいという気持ちも、世界旅行へ行くんだ!っていう夢があれば全然空しくなくなります。

むしろ旅に行けば食べ過ぎてしまうのだから、おうちでは粗食で体を整えて、次の旅に備えようといった発想です。

こうなると、食費の3万円は余ってくるかもしれませんね。!(^^)!

そんな兆候を感じる今日この頃です。

削る行為は頭ではなく体に覚えこまさなくてはならない

夫婦二人になるときは、年金での生活になりますね。

うちの年金は、たぶん一か月186000円くらい。

これは、旦那さんの年金プラス加給年金の額。

私は旦那さんより年下なので、私が65歳になるまでは加給年金がもらえます。

なーんだ十分やっていけるじゃん!と思ったら大間違い。

ここには税金や保険が含まれていますから、ここに90%を掛けてみます。

そうすると、168000円となりました。

おお(*’▽’)何とか生活はやってけそうだ。

私たちが、年金生活に入るのはまだ7年も先の話ですが、今からシュミレーションをしておくことはとっても大事。

食費の減らし方、光熱費を無駄使いしないなどは、頭で考えているのと実際にやるのとではまるで違うからです。

節約は、頭だけではなく体で覚えるんことなんです。

ドラゴン桜でやってた暗記の方法に体を動かしながら単語をつぶやくってやってましたよね。あれみたいな。

これは、一長一短ではできないんですよね。

でも、訓練すれば誰でもできます。

だから、まだ収入がある今から、老後のシュミレーションで生活してみる練習をしておくのがいいです。

その時が来たらやるから・・・っていう考えは、ほとんどが裏切られてしまいます。

大きくしたものを小さくするのは、並大抵ではないんですよね。

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました