職場移動で動揺・・・不安を消す方法

幸せになれる考え方

安定した生活を手に入れて毎日毎日そうそう変わらない日々をたんたんと過ごせています。

昔なら退屈に感じてしまう日々も、いろいろ乗り越えた人間にはわかるのです。

これが幸せっていうやつよ!ってね。

だから変わらなことを願いながら過ごすんですが、そっとしておいてくれないのが人生なんですね。

年末に実父が亡くなった出来事に心が動揺し、ようやくまた落ち着いた日々に戻れたと思っていたのですが・・・

神様からの課題かもね

今度は、職場移動という変化を科せられることになりました。

私の仕事は、平均3年くらいで転勤があります。これは、決まっていることなのですが、最近は東北大震災で家に帰れなかったことや、不景気による経費削減やコロナの影響で、パート社員は出来るだけ家から近いところで、転勤は少なめにってことになっているって聞いていたんですが、ただの噂だったのかもしれません。

こんな緊急事態宣言の真っ最中にも関わらず転勤命令が出てしまいました。

しかも、電車の一回乗り換えが加わって15分ほど遠くなりました。

たかが15分と思われるかもしれませんが、朝の15分は主婦にとっては痛い時間短縮です。

  • 5:00起床
  • 洗濯機を回す
  • 米を入れた鍋を火にかけて炊飯
  • 旦那さんのお弁当作り
  • 朝食を食べる
  • 洗濯を干す
  • トイレ掃除2か所
  • お風呂掃除
  • 掃除機をかける(寝てる部屋以外)
  • 玄関掃除
  • 身支度
  • 7:35出勤

2時間半ほどで、家事と身支度を済ませて出ます。

朝これらをこなすことによって、帰宅した時の自分にとても余裕が生まれます。

帰宅してから夕飯作りまで、こうしてブログを書くこともできちゃいます。

だから、このルーティーンのひとつも諦めたくないのが本音。

だったら、4:45分に起きるのかってことになります。が・・・

これも、睡眠7時間確保して免疫力を落としたくない私にとっては、変えたくない。欲張りですね。

これは、きっと神様からの課題なのだわ。

慣れ切った生活に刺激をくださったのですよ。

2時間35分でやってたことを、2時間20分で出来るように考え賜え~っておっしゃっているのかもしれません。

もう少し頭使わないとボケるよって、教えてくださっているのかもしれません。

考えようでワクワクできる

昨日、転勤の事を伝えられて、やっぱり動揺してたんでしょうね。眠れませんでした。

ですが、嫌だ嫌だと思っていても、そこに行かなくてはならない事実は変わりません。

嫌だと思うのは、次行くところがどんな人間関係になるかが未知なせいです。

今のところの人間関係が素晴らしいだけに、手放すのが嫌なんです。

ここには、私の中に、今の職場以上に次の職場でいい出会いがあり、いい人間関係に恵まれるといったイメージができないことに原因があります。

そこでもう少し視点を変えてみます。

自分でどうしようもないことは考えないことにして、自分で出来ることだけを考えます。

  • 今の職場での仕事をきっちりやりきって、きっちり挨拶してきれいに去る
  • 丁寧に挨拶をする
  • 自分の知識は引き出しにしまって必要な時に必要なだけ出す
  • 新しい職場の流儀を素直に受け入れる
  • まずは一年生の気持ちになる

これが、今の私に出来ることです。

そう切り替えて、あとは朝のルーティーンが15分時間短縮できるように、2月に移動になるまで訓練ですね。

さあ前向きになってきたぞ~

確か、今の職場に移動になった時も、嫌だ嫌だって思っていたんですよね(;^ω^)

でもここまでいい人間関係が構築できたのも事実なので、今はそんな自分に自信をもって次の課題にトライしたいと思います。

いい出会いのチャンスかもしれないですもんね。ワクワクしてきました。

今日はぐっすり寝るぞ~

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました