奨学金で大学に行かせる親はどうなのか

老後不安のないお金のはなし

奨学金を借りて大学に進学させる。

これは非常に賛否のわかれる話になると思う。

我が家の奨学金事情

我が家では、長男と次男が奨学金を借りて大学に進学した。

貸与先:日本学生支援機構

奨学金の種類

第一種奨学金

  • 無利子
  • 成績基準が厳密
  • 収入基準が厳密
  • 貸与金額が限定

第二種奨学金

  • 有利子(上限3%以内)
  • 成績基準緩やか
  • 収入基準緩やか
  • 貸与額自由選択

我が家が融資を受けたのは、第一種奨学金。

第一種奨学金は、利息がかからない代わりに、条件が厳しい。

成績は、高校での通知表判定が、平均3.5以上なければ、申請資格さえ得ることができない。

しかし、これはあくまでも今通っている高校での評価で決まるから、少しテクニックを使えばどうにでもなる。

最初から、一種を受けたいなら、高校は、子供の実力より1~2ランク下げて選ぶ。

少し余裕で入った高校で、成績を落とさない努力ができれば、その高校に於いての通知表評価は、4~5を平均で取れる可能性が高い。

家庭の経済的に大学費用を全額出してもらうのはしんどいけど、どうしても大学に行きたい場合は、この戦略がいいと思う。

世帯年収は900万円以下でエントリーできたと思う。

この、成績と年収を加味して、希望者の中で順位がつけられる。

難点は、奨学金で大学費用を全額を賄えないってこと。

もし賄えなければ、第二種奨学金も足し算して考えることもできる。

結構第一種奨学金を最初から無理だと、申し込まずに諦めてしまう人もいるんだけど、条件をクリアできるテクニックを使って、なるべく金利を払わない方法で借りるのが、未来を楽にしてくれる。

我が家の場合、借りなくても大学へ行けるかもしれないけれど、3人分の大学費用は正直大きい。

この先、何が起こるかわからない未来。

できたら、自己資金を使わない方法を取りたい。

だけど、金利を払うのには抵抗があるので、第一種奨学金の審査が通過しなければ、自己資金で行くつもりだった。

幸い、長男次男は、第一種奨学金の審査を通過できたので融資を受けることにした。

娘は残念ながら、成績でエントリーできなかったので、自己資金を使うことにしたけど、この子は都立に行ってくれたので、私立高校の兄たちの10分の1の費用で高校卒業してくれたし、一番末っ子までくれば、将来的な資産の見通しもついてくるので、自己資金で支払っても大丈夫そうだとわかる。

長男は、2年まで順調に大学生活を送っていたが、3年からは鬱病の再発で休学し、その後退学した。

だから2年生までの奨学金を今返済中。

毎月1万円ほどを15年支払って行かなくてはならない。

方や次男は、4年間で第一種奨学金の満額融資(300万円弱)を受けているので、毎月16,000円ほどを15年支払うことになる。

子供の学費は親が支払うべきか

たとえ家計が苦しくても、絶対に奨学金を借りずに親が責任をもって支払うべきだと考えている親が多い。

その方から見れば、うちらはきっと、金の亡者、鬼親っていう風に見えるのかもしれない。

子供を産んだのは親なのだから、成人するまで面倒見るべきだっていう言い分は私にもわかる。

でも、うちはそうしなかった。

大学に行けることが、簡単なことだと思ってほしくなかったというのが最初のきっかけ。

毎月16,000円を15年支払っていく重みを感じて欲しかったのだ。

出してもらって当たり前は、ないよって知ってほしかったのだ。

子供たちに返済を任せて投資にいそしむ

毎月の寿司や、焼き肉を我慢してもらっている間に、私たちは毎日外食に行こう!なんてことはしない。

そのお金で投資にいそしむ。

インデックス投資と高配当株投資で資産を増やしていく。

100歳までの家計の見通しを、我が家の金表(キャッシュフロー表)で確認したところ、夫婦二人の100歳までは、すでに安泰で、私たちが死んでしまった後も、投資資産は働いてくれて大きく成長してくれることが見て取れる。

日本の未来は、どうも芳しくないらしいから、この成長していくお金を子供たちに引き渡せれば、きっと、今、外食に行くよりは、活きるお金になると思う。

子供の学費を、投資に使うなんて!なんてひどい親だと批判されるかもしれないけれど、

投資はギャンブルじゃない。

だから、増えても年利5%くらいだ。

だから、学費は無利子の奨学金を借りて、返済は子供たちにお任せして、学費だったはずのお金は年利5%で淡々と運用していく。

これを悪いことだと私は思わない。

後ろめたさもない。

子供たちにお金を渡してしまうことを愛情だとは、思わないからね。

金融リテラシーを学んでほしい

手取りが20万円だとしたら、奨学金が引かれて184,000円。

最初から、この金額が手取りということから、使い道を考えていけば、そんなに気持ちはしんどくない。

そもそも20万円で、使い道を決めてしまえば、そこから減らされるのは非常に厳しく感じるけど、

そもそも引かれた金額で慣れてしまえば、それが普通になる。

生活レベルを上げるのは、実に簡単で、下げるのは、強制されなければほぼ不可能だ。

若いと、初めて手にした大金になんでもできる気がしてしまうのは、誰しもが経験するところ。

だけど、最初に支出を上げない習慣をつけられれば、安心な未来が築けるに違いない。

長男が結婚した時、奨学金の残金を返済してあげようかと考えた。

でも、旦那さんと話し合ってそれはしないことにした。

返済は、代わるからもうしなくていいよ。

って言ってあげて、その1万円を貯金に回してくれるなら、返済交代は活きるけど、それが外食に消えてしまう可能性は非常に高い。

もうその1万円は、長男夫婦のものであり、こちらがとやかく言う権利もないから。

寿司を食おうが焼き肉を食おうが、いいのだ。

そのお楽しみ、今じゃなくてもう少し先延ばしにしてもいいんじゃない?

寿司や焼き肉は食べなくても、死なないし、別にそれが不幸感につながるわけでもない。

毎日普通にご飯を食べることは十分できている。

ごちそうは、たまに食べるからごちそうになるんだ。

もしも、私たちの命が終わるころに、日本の経済が大変なことのなっていたとしたら、これ使ってって言えるお金があったらきっと活きてくるだろう。

寿司や焼き肉を食べるよりも活きてくると思う。

金融リテラシーを持つものは、遺産に頼らなくても、自分たちの収入だけで生活が出来上がっているから、もしも遺産が入ってきたとしてもそんなに生活を変えることはしないだろう。

子供たちが、きっちり金融リテラシーを身に着けていて、まったくお金に困っていなかったとしても、その先の子供たちに活かせてもらえるだろう。

そこまで、私たち親は、貧乏ということにしておいて、奨学金の返済は続けてもらおう。

今日も遊びに来てくださってありがとうございます。

よろしければポチっと押していただけると喜びます。(*^-^*)

コメント

すみっこ

50代主婦。
3人の子育て期を完了。第二ラウンドの鐘が鳴った。
老いるからだと戦いながらも楽しく生きてくための試行錯誤しています。
暮らしは地味に小さくを心掛け、全国を旅行しようと目論んでおります。

すみっこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました